【人を育てる方法】人に変わって欲しいなら「問題意識」を持ってもらうこと。【人材育成】

人間的モテ力
佐藤
佐藤
こんにちは、佐藤です。「あきんどギルド」という経営者・個人事業主などの自分でビジネスを作りたい人に向けたオンラインサロンを運営したり、売上アップ・顧客獲得ができる「無料メールセミナー」を作ったり、小さな会社を2社経営したりしてます。

今日は、人に変化してもらう時の問題意識の重要性について。

お前のここが問題なんだ!変わらないとだめだ!

と押しつけても絶対に変化しません。それは「他者の課題」だから。
本人にとっては課題じゃないんですよ。だから変化しない。

じゃあ何が重要かというと、

相手の問題意識に挙げること

が重要です。

今日の話は部下、子供、家族、友人、上司、同僚。どんな相手にも使えると僕は考えています。

そして、アドラー心理学の課題分離。

最後は「他人の課題」であり、お節介でしかないんだ、

ということを受け止めておくことを忘れないように。

 

コーチングとかは成長効率をx1.5とかにする物なので、成長って方向に動きたくなるためにはある種のカリスマ性やリーダー性を持った人が必要。それがない人が手段だけ使ってコーチングしようとしても、ヒーラーキャラに延々攻撃強化バフをかけるようなもんで徒労に終わる気がする

チャリ漕ぐ気がない人に高級なままチャリ与えても何も生まれない。その人は車とか原付とかに乗りたいかもしれないし、むしろ歩きが好きなのかもしれない。普通の人に一輪車を与えてもすぐ乗りこなせない。歩きだったら遅いスピードで歩いてくかもしれないのに。

学びって教えてる人が学ばせるんじゃなくて学んでる本人が学ぶ。いくら数学を教えようとしても「この授業なら寝れる」「早弁の時間にするか」ってことを生徒は学んでしまう場合もある。前提としてその人から学びたくなるような何かが必要なんだと思う

やってみせ、言って聞かせて……って言葉があるように、話を聞いてもらえない最大の原因は自分がやってないから。例えば10万のなんかを買おうかなって考えたときに500円のなんかを使ってる人には相談しないし、スポーツとか語学とか営業とか制作とか全部そう。話をまともに聞いてもらえない時って「自分はやってんのか?」って振り返ると大抵「やってないこと」な気がする。むしろやってたら勝手に聞きに来る。「やって見せ」るのは言って聞かせるのより先なのよ。

「こいつが話を聞かないのは素直さが足りないからや」「努力してないからや」って結論づけると全てが終わる。話を聞いてもらうために「自分のプロフィールを更新させる自分の努力」が必要になってくる。体重を増やしたい人の会に200kgの人が行けば誰もがその人の話を真剣に聞くけれど、50kgにダイエットする会に同じ人がいったら多分煽られる。文脈を無視して他人の努力のせいにするなってこと。

 

問題意識がないと人は変化しない

周りから見てどれだけ太っていようが、
周りから見てどれだけ痩せていようが、

「問題意識」がなければ人は変わろうとしません。

逆に、いかに普通体型に周りからは見えようが、
本人に超太っているという問題意識があれば、
ガンガン食事を抜いてどんどんガリガリに痩せていく。

 

この違いは本人の問題意識なんですね。

ただし、問題意識の強制はパワハラやモラハラとして報告される可能性がありますので辞めましょう笑

 

じゃあ人に変化して欲しいとき、どうするかというと、

自分の変化を伝える

こと。

 

結局の所これしかないなと僕は思っています。

自分事として自分が変化をしていれば相手は興味を持つんです。

 

押しつけられたものに自発的に興味を持つのは難しいでしょう。
そもそも、「押しつけられたOO」は自発性が無い。

 

だから、相手の視点を「自発」に切り替えないといけない。

 

変わって欲しいことを伝えたい相手には、

自分がOOを実践してどう変わったのか

を話すと。

 

で、OOに対して自発的に興味を持って貰えれば、

相手の中でちゃんと自分事に落とし込めるんです。

 

結局「自分が」実践していないとダメ

重要なポイントは

「まず言ってる側のお前ははどうなんだ?」

ってことです。

 

上司→部下でもいいし、トレーナー→生徒でもいいし、親→子供でもいいし、同僚→同僚、友達→友達でもいいんですが。

 

何かを誰かにやって欲しいと伝えたいとき、

変わって欲しいと伝えたいとき、どういう方策をとるかって凄くシンプルなんですよ。

 

僕は人を育てることの本質はここにあると思っていて。

 

「OOしろ」「OOした方がいい」とあなたが行った時に、

必ず相手は(ちょっと)こう思うはずです。

 

筋トレしろって言ってくるけど、(あんたは)筋トレしてるの?

読書しろって言ってくるけど、(あんたは)読書してるの?

勉強しろって言ってくるけど、(あんたは)勉強してるの?

 

これにすぐに「はい!」と答えられないようであれば、

言葉の正当性についても一度考えてみる必要があるでしょう。

 

だって、その言葉によりどころがないから。

より所がない言葉だから、他人は動かないのかもしれない。

 

 

大上段から

「こう生きるべきですよ」(だけど私はそう生きてませんよ)

と言っても響かないんですよ。

 

「こう生きてますよ」と同じ視点から言えば響く。間近で相手を見てるから。

 

人を育てることってシンプルですよ。まずは自分を育てれば良い。それだけ。

コミュニケーションは相互に起こります。自分の変化は他者の変化を誘発するんです。

ちょっと本を読んだくらいで、人を育てられるなんて勘違いしちゃダメですよ。

まず、自分が成長することです。

 

部下を褒めるか叱るかって議論はちょっとずれてると思う

部下を褒めるか?叱る?って議論されてるけど、起業家やフリーランスにはこういう発想があまりない気がする。多分。

※これは僕だけかもしれないので、一つの個人的意見として読んで貰えたら。

起業家やフリーランスはクライアントに自発的に動いてもらえないと食べていけないから。相手を褒める、叱るではなく「価値の交換」って視点を持ってる人が多いはず。

人間はあくまで対等であり、一時的にはっつけられた役割だという事を理解している。

「褒めるか、叱るか」なんて、発想がちょっとずれているような気がする。

子供にもそうだと思う。結局本読めとか言ったって姿を見せてないと相手は動かない。親が楽しそうに勉強してたら子供もする。賢い子供ほど言ってるあなたはどうなんだって思うはず。

 

人間は常に何かを交換している。時間と時間、時間と価値、お金と物、お金と労働力などなど。だから価値の交換って視点が大事になってくる。

交換の繰り返しによって経済はデカくなる。

褒める・叱るって視点は一方的じゃないかなと

褒めるか叱るかってのが、まず乱暴な切り取り方だなと。

とんでもなく尊敬していない人に褒められても叱られても動かない。

世界一尊敬している人に褒められても叱られても多分動く。

まず、このように文脈によって置かれる多分に価値は変化する。

さっきも書いたように「お前はどうなんだよ」視点。に叶わないといけない。こういうちょっとしたお説教感の」在る言葉は、成したことの大きさによって効果が凄く変わってくるから。

松下幸之助のお説教はありがたくても、成績の悪い、人間的にも成熟していない上司からのお説教はむしろ腹が立つはず。

上司と部下の価値の交換とは

責任を取ることと実行すること

視座を上げて広く見渡すことと現場を緻密に見ること

これらを価値の交換として挙げられる。

経営者は現場に出続けること。現場の話を聞こう。現場は常に正しい。

前にこんな記事を書いた。緻密に見ることができるのは現場だから現場を尊重しようと。

褒める・叱るって尊重というより、「どうしたら上手く人を動かせるか」にフォーカスしてしまっている気がする。

目的は褒めることや叱ることじゃない。

相手を尊重しつつ、気持ちよく動いてもらうことだ。

手段と目的を間違えないようにしよう。

メルマガも登録してくださいね

 

ではでは、本日はこのあたりで。ありがとうございました。

 

 

LINEではビジネスの裏話や利益についての話なんかをしたり教えてたりしてます。友達追加はこちらから



友だち追加

無料でノウハウと事例とワークを垂れ流しています↓

実際に成功した事例と失敗した事例を比べながら、ワークショップ形式で読み進めるだけであなただけのビジネスを生み出せるようになる、非常に充実したメルマガです。

1900人以上の方に受講いただき、多くの方に実名で大絶賛をいただいています。オンラインビジネスだけでは無く、旅館オーナー、士業、セラピスト、占い師など、リアルビジネスの方にも多数受講していただいています。

新規ビジネスを始めようと考えているあなたに、

無駄な時間とお金を抑えて
怪我のリスクを最小限にして
顧客に支持されるサービスを生み出すための方法

を事例と共にノウハウとワークにまとめました。

新規ビジネスのリリースにおいて「成否を分けるポイント」について、陥りやすい失敗の事例と、それを乗り越えた成功の事例を元に解説しています。

できるだけリスクを抑えて確実にビジネスをスタートさせたいあなたにとって、間違いなく有意義な情報となるでしょう。是非ご活用ください。



*お名前(姓)
*メールアドレス

森田様 納得の考え方とスムーズな説明に軽く感動しています。ありがとうございました。
原様 佐藤さん!すごい!天才肌!!
平田様 わかりやすく実践しやすい!考え方を導いてくれる内容でした。
二宮様 単純明快。もちろんどう実践するかが難しい訳ですが手順はとてもわかりやすいと思いました。
井村様 わかりやすいので友人にもシェアしました。
福井様 自分が今一番欲していた内容をメルマガで教えていただきました。毎日メルマガを楽しみに読んでます。
松浦様 ビジネスの作り方を時系列でまとめてあって、大変参考になりました。
中野様 ビジネスとしてのブログを書く上での心構えがとても参考になり、勉強になりました。
井上様 非常にわかりやすく少しずつステップを踏んでの内容で、とても分かりやすかった。


→受け取った人達の感想が読みたい方はここからどうぞ

\期間限定!2万文字の副業・独立・起業の電子書籍教材プレゼント中!/
↓ 無料受け取りはコチラ ↓

これまでに1492人がチェックしてます

もしあなたが自分で自由に稼げるようになり、人生の主導権を握ろうと考えているなら、それはもう「ビジネスの作り方」を覚えるしかない。

しかし、面倒だからと言ってそこから逃げていてはずっと搾取される側になってしまう。

起業したら、ビジネスを自分でやったら、豊かになれると思ったら大間違いだ。

起業しようが、自分で事業をやろうが、「ビジネスを作り出せる能力」が無ければ同じこと。

下請けから脱却できず、銀行や元請けに依存し、目の前の売上に追われ、気付いたらぐるぐる同じことをやっている。

代理店のような仕事を続け、作る側に利益を搾り取られ、人生やビジネスの楽しさを忘れ、疲弊しているのを隠して作り笑いでやり過ごす。

そんな事業主や社長は山ほどいるのだ。

あなたが人生の主導権を握り、楽しいことをビジネスにし、利益率を自由に操作し、生きたいように毎日を生きるために、もしたった一つだけ能力が必要だとしたら、それは「ビジネスを作る力」と考えて間違いない。

このメルマガでは、あなたの心から楽しめることを活かし、ゼロから価値を創りだしてお金に変えていく方法を包み隠さず全て公開した。

スキルや能力ではなく、「価値観」を元に作り上げていくノウハウとなっているため、どんな人間でも事業・起業・開業・独立に取り組めるようになっている。

正直ハードな内容だと思うが、しっかり取り組めば必ず、あなただけのオンリーワンのビジネスが完成するはずだ。

是非、楽しみながら取り組んでもらいたい。

※iCloud、au、Docomo、Softbankのアドレスはフィルターで弾かれやすいため、他のメールアドレスがオススメです。

*お名前(姓)
*メールアドレス



メルマガ登録で得られるもの

●自分で好きなだけビジネスを作れるようになる
●好きなことを仕事や稼ぎに変える方法を知ることができる
●ワクワクする未来を描けるように
●やりたかった事が明確に
●リスクゼロで起業する方法が理解できる

など、あなたの今後の未来にとって、必ずお役に立つ内容になっているはずです。

自分にとって必要だと感じた人は、フォームより登録してください。

ちなみに本気でビジネスをやろうと思っていない人、冷やかしの人は登録しないでください。佐藤のメルマガを読みたいだけの方は大歓迎です。競合の登録も大歓迎です。

>>メルマガにアドレスと名前で無料登録する
→受け取った人達の感想が読みたい方はここからどうぞ

無料の資料ダウンロードはこちらから

>>コンセプトがヒットする法則を無料ダウンロード(予約)

>>感動されるストーリーの作り方を無料ダウンロード(予約)

>>集客エンジンの作り方を無料ダウンロード(予約)

>>湧き出すアイデアの作り方のダウンロードを無料ダウンロード(予約)

>>個人起業スタートテキストのダウンロードを無料ダウンロード(予約)
人間的モテ力
佐藤をフォローする
じぶん企画室

コメント

  1. […] 【人を育てる】人に変わって欲しいなら「問題意識」を持ってもらうこと。【人材育成】 […]

タイトルとURLをコピーしました