フリーランスハンドブックを無料配布中
あなたオリジナルのビジネスモデルの作り方、フリーランスを目指すために必要な知識、起業や副業で引っかかるポイントを解説しています。
【さらに特典をプレゼント】登録していただいた方限定で、今なら私の運営するオンラインコミュニティに無料ご招待させていただいております。 ワークショップ型式の講座にとりあえず無料登録してみる

対案ない批判の重要性と不要論について両方から語ってみる

おはようございます。

佐藤です。(Twitter)

どうも、2社経営しながらコンサルしてます。佐藤です。

今日は対案のない批判は不要なのか、それとも重要なのか論についてお話ししていきます。

「否定するなら対案を出せ」への僕の考え。

基本肯定はしていますが、対案無い批判をすると無能課する条件もあると考えています。

大事だけど、この条件でやるのはあかんよねってことです。

では本題へ。

対案ない批判はだめなのか?

「対案ない批判」も重要ではあります。

 

「言語化されていない微細な違和感」を捉えることができるし、他人の視点を借りることができるからです。

明らかにやばいことに突っ込んでいるとき、とりあえず止めるなどなど。

最終的なブレーキのような役割をするわけですね。

 

じゃあなんで対案無い批判が無能扱いされるのでしょうか?

僕はこう考えています。

但し、チーム内部の人間である場合は事情が異なる。内部の人間の仕事は問題解決で、問題提起ではない。

これをやるのは顧客や外部の人間の仕事ってことです。

 

無能扱いされるのは、内部(組織)の人間が対案ない批判をした場合

「問題提起だけ」を行うのは顧客の仕事で、問題解決を行うのが組織やチームの当事者だから、僕は対案の準備が必要かなと思ってまして。

 

あなたが組織の人間なのであれば、批判だけしていたらだめ。常に対案をセットで用意すること。

外部の人間であれば、対案がなくてもまあ問題は無いでしょう。

 

問題提起=ここは治した方がいい

対案=こうすると良くなるし解決に近づく

行動=俺はここを担当できるがどうか

 

この3つ。できるだけ。最低でも2までは用意することですね。

 

「問題提起+対案+そのための行動」

をセットで組織の人間が提供できないのであれば、ただ問題に騒ぐだけの迷惑な人。

それができないのであれば、問題提起はしないほうが、生産性や批判の受け手のモチベは下がらないはず。

意見を貰うときに批判するなら対案をくれ、がダメなのは、違和感を潰す行為だからです。「批判しても構わないけどせめて(たたき台も作れないしより良いアイデアを出せすらしないなら)言葉を選んでくれ」が正しいのではないでしょうか。

外部からの対案のない批判は信じないようにしてます。

助手席からの口出しで嫌われるランキング第一位は「今いけたじゃん」なのは有名ですが、これが「こういう基準なら行ける」まで加われば有用なアドバイスですが、ほとんどの場合はただの嫌みになってます。

対案のない批判には気をつけましょう。

納得の考え方とスムーズな説明に軽く感動しています。ありがとうございました。
千葉県・小売業・森田様

佐藤さん!すごい!天才肌!!
愛知県・サービス業・原様

わかりやすく実践しやすい!考え方を導いてくれる内容でした。
北海道・建設業・平田様

単純明快。もちろんどう実践するかが難しい訳ですが手順はとてもわかりやすいと思いました。
栃木県・製造関連業・二宮様

わかりやすいので友人にもシェアしました。
栃木県・コーチ・井村様

自分が今一番欲していた内容をメルマガで教えていただきました。毎日メルマガを楽しみに読んでます。
千葉県・小売業・福井様

ビジネスの作り方を時系列でまとめてあって、大変参考になりました。
愛媛県・宿泊関連業・松浦様

ビジネスとしてのブログを書く上での心構えがとても参考になり、勉強になりました。
東京都・士業・中野様

非常にわかりやすく少しずつステップを踏んでの内容で、とても分かりやすかった。
東京都・設計業・井上様



無料でノウハウと事例とワークを垂れ流しています↓

実際に成功した事例と失敗した事例を比べながら、ワークショップ形式で読み進めるだけであなただけのビジネスを生み出せるようになる、非常に充実したメルマガです。

1900人以上の方に受講いただき、多くの方に実名で大絶賛をいただいています。オンラインビジネスだけでは無く、旅館オーナー、士業、セラピスト、占い師など、リアルビジネスの方にも多数受講していただいています。

新規ビジネスを始めようと考えているあなたに、

無駄な時間とお金を抑えて
怪我のリスクを最小限にして
顧客に支持されるサービスを生み出すための方法

を事例と共にノウハウとワークにまとめました。

新規ビジネスのリリースにおいて「成否を分けるポイント」について、陥りやすい失敗の事例と、それを乗り越えた成功の事例を元に解説しています。

できるだけリスクを抑えて確実にビジネスをスタートさせたいあなたにとって、間違いなく有意義な情報となるでしょう。是非ご活用ください。
  •      
    無料登録をしないことを決めた方へ

    試すには一円のリスクもありません。参加の登録を行っていただくだけでいいのです。

    そして、怪しい「この方法をすれば稼げます」「楽をして稼げます」とは一線を画すような、「あなたのオリジナルの新規事業を創る」ためのコンテンツになっています。

    フリーアドレスでの登録が可能ですが、捨てアドレスは辞めてください。「普段使っているアドレスでメルマガを登録し直したいです」という連絡がとても多いからです。

    私が苦労するのは「怪しいのでは無いか」と感じられて、信じてもらえないことです。そして、今までのカラをあなたに破っていただけないことです。

    無料ですし、フリーアドレスで構いませんし、偽名でもいいのですから、もし仮に私が嘘をついていたとしても、あなたにリスクは全くありません。



→受け取った人達の感想が読みたい方はここからどうぞ
コラム
佐藤をフォローする
2社経営する都内IT社長のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました