キツいことを言ってくる人・キツく当たってしまう人の対処法。優しい人はどうして優しいのか。

佐藤
佐藤
こんにちは、佐藤です。「あきんどギルド」という経営者・個人事業主などの自分でビジネスを作りたい人に向けたオンラインサロンを運営したり、売上アップ・顧客獲得ができる「無料メールセミナー」を作ったり、小さな会社を2社経営したりしてます。

この記事はキツいことを言われている人、言っている人に向けて書いてみた記事です。

起業して結構な期間たちましたが、周囲の人を見てきた僕の経験則でしかないのですが、キツいことを言ってしまう人って、

単純に自分に余裕がない

ことが多い。お前のことを考えているから強く言っているんだ!と主張する人もいますが、僕が見てきた中で本当にそうだった例はありません。(飛び出しそうになった子供に親がビンタをかまして怒鳴りつけるなら分かる)

キツいことを言うのは、単純に「内容は置いておいて、とりあえずもっと僕の言葉を受け取ってくださいよ」と言っているに過ぎないんですね。

その価値や是非は関係なく。だから、あまりキツいことばっかり言ってると言葉の価値を磨くことを忘れ、中身や言葉がしょうも無くなっていくんですよ。

怒る(泣く)のってすごく原始的な感情です。受け取ってもらいやすいんです。

あなたがキツいことを言われているときの対処法

よーく考えてください。「相手を考えている度合」と「言葉がキツいか」どうかって全くの別軸です。

分解して考えてみて欲しいんですが、優しく諭しながら、相手を考えることもできるし、きつく言いながら、相手を考えることもできる。

つまり、「考えているから」この別軸をくっつけて、言葉のきつさを正当化しているわけですね。僕が伝えたいのは、それってどうなのよ?本当なの?ってことですよ。

本当に「言っている側が相手を考えているか」どうかは、キツく言われている側は正直分からない。まあ、ニュアンスから読み取れる場合もあるでしょうが、むしろ、本当に考えてくれているんだとしたら、きつさの度合も相手の受け取りやすさ合わせるはずなんですよ。(ですよね?)

嫌がっている=拒まれる可能性が上がりますから。

でも、相手に合わせるプロセスが起きない→自己正当化が起きている→どういうことなのか?を、一度冷静に考えてみると良いと思います。

もし今キツいことを言われている状態の人がこの記事を読んでいるんだとしたら、気にしなくて良いと思います。これにつきます。

それができるなら苦労しないんだ、って言葉も聞こえてきますが、こちらから他人を変えられることなんてほぼ無いんですから、環境を変えるか、その環境の依存度を下げるしかのようなアプローチにどうしてもなります。

極論・極端・白黒はっきりが好きな人はなぜそうなるのか

複数の軸で考えると物事は中央に近づく。一つの軸で考えると物事は端に近づく。

釣りが好きか?ってアンケートがあったとしたら、嫌いor好きと偏りますよね。でもそこに別の軸を足していくことで、どんどん中央に点が近づいていく。つまり、極端なことを言っている人って一つの軸からしか考えていないことが多いんです。

釣りが嫌いな奴は生きる価値がない!なんて普通は言いませんが、一つの軸からしか考えられない人に何が起こるかというと、「努力していない奴はだめ」みたいな単眼的な思考。

努力していないけれど家族に優しい。努力していないけれどそのおかげで合理的、などなど。軸を増やせば極論思考は回避できますよ。

人間関係は鏡

僕は誰かに厳しいことを言われると、必ず似たような言葉を返す。これは別に論点をずらしているわけじゃ無くて、相手の真意を確かめたいから。

まず言われることはないでしょうが、「お前は馬鹿だな」と言われたとする、そしたら似たような言葉を返す。「お前は仕事ができない」と言われたとしてお似たような言葉を返す。「君はこれができないよね」って。

馬鹿だなあに対して、相手がキレるのか、笑うのか、真剣に改善しようとするのか。反応を見れば相手がどういう感情にさせたくてこちらに言葉を投げかけてきたかが分かる試験紙みたいなものになりますから。

営業がエンジニアから「お前はコードが書けない」と言われたら「お前は仕事取れないじゃん」と。

嫌な思いにさせたくて言葉を投げかけてきていたなら逆ギレするし、冗談なら笑うし、改善しようとして言ってくれていたなら話を真剣に聞いて改善しようとするはずなので、似たような言葉を返して相手が怒り出したら、そもそも聞く必要が無い言葉だったってこと。単に「怒らせたい」から、そういう言葉を投げたんだな。

「本当に相手に良くなって欲しい」と望んでいる人、何としてでも伝えたいと思っている人なら、それだけ本気でこちらの話も聞くはずだし、相手に本当に取って欲しい行動を取る。相手の反応を見て、ようやくその人の言葉を受け取るかどうするかが決まる。

「意見を言うことが大事だ」と主張している人、本当の目的は意見を言うことじゃなく、相手の変化にあるのにね。それを無視して意見だけに着目しているのは、いつも嘘を吐いているのとたいして変わりがない。

他人にキツい人の原因

他人にキツくなる人の一番の問題は自分が許せないこと。

誰かが怒っているとき、問題は他人にはないんです。常に怒っている人本人にあります。だって怒らずに平和的な解決もできるはずですから。怒ることを選択しているんです。

まあ、自分の成果が許せないのかもしれないし、自分のダメな部分が肯定できていないのかもしれない。だから他人のダメさが肯定できない。

人間関係は鏡ですから、どんなに悪そうな人でもめちゃくちゃ優しく温かく接すれば優しい結果が帰ってくるかもしれないし、どんなに普段温和な人に対しても、あまりにずさんな対応をすればずさんな結果が帰ってくる。

でも自分は本当は許したいし、ダメな部分を許してもらいたい。でも自分も他人も許せない。だから苦しいんです。もしあなたがキツいことを言われている場合は、言葉がキツいのは相手の問題であり、人間関係を進んで破壊し、ダメな自分は「やっぱりダメだったんだ」と安心したいのかもしれません。

本人が自分を何とか変えようとするまで、ほおっておくしかありません。

怒ると怖い人は普段優しいってどういうことか

普段怒らない人ほど芯が太い

普段怒る人は芯が細い、すぐポキポキ折れる

でもすぐ修復する

だから折れるまでに時間がかかるし芯が太い分、折れるほどのことをしてしまえば修復が難しいし、いざという時の攻撃力が上がる

本性を隠してるんじゃなくて、「その芯を折るほどひどいことをした」って部分に着目するべきなんだと、、と思う

人は差でいろいろなことを認識するんだと思う

本人の中では必死でも「あーまたやってるよ」くらいにしか周りからは捉えられなくなってしまう

いっつも閉店セールしてるのか、本当の閉店セールかの差なんだと思う

で、自分が良ければそれでいいのだ的なこと言う人いるけど、それこそ他人に言う意味ないよねって

自分が正しいは正しい根拠にはならないと思う

優しい人はなぜ優しいのか

歳を取ると頑固になる、歳を取ると丸くなる

優しさとは心がけなんだろうな。裏が怖いんじゃなくて誰しも元々怖くて心がけがないおっさんはただのおっさんになり、心がけがあるおっさんは優しいおっさんになるんです。

 

LINEではビジネスの裏話や利益についての話なんかをしたり教えてたりしてます。友達追加はこちらから



友だち追加

無料でノウハウと事例とワークを垂れ流しています↓

実際に成功した事例と失敗した事例を比べながら、ワークショップ形式で読み進めるだけであなただけのビジネスを生み出せるようになる、非常に充実したメルマガです。

1900人以上の方に受講いただき、多くの方に実名で大絶賛をいただいています。オンラインビジネスだけでは無く、旅館オーナー、士業、セラピスト、占い師など、リアルビジネスの方にも多数受講していただいています。

新規ビジネスを始めようと考えているあなたに、

無駄な時間とお金を抑えて
怪我のリスクを最小限にして
顧客に支持されるサービスを生み出すための方法

を事例と共にノウハウとワークにまとめました。

新規ビジネスのリリースにおいて「成否を分けるポイント」について、陥りやすい失敗の事例と、それを乗り越えた成功の事例を元に解説しています。

できるだけリスクを抑えて確実にビジネスをスタートさせたいあなたにとって、間違いなく有意義な情報となるでしょう。是非ご活用ください。



*お名前(姓)
*メールアドレス

森田様 納得の考え方とスムーズな説明に軽く感動しています。ありがとうございました。
原様 佐藤さん!すごい!天才肌!!
平田様 わかりやすく実践しやすい!考え方を導いてくれる内容でした。
二宮様 単純明快。もちろんどう実践するかが難しい訳ですが手順はとてもわかりやすいと思いました。
井村様 わかりやすいので友人にもシェアしました。
福井様 自分が今一番欲していた内容をメルマガで教えていただきました。毎日メルマガを楽しみに読んでます。
松浦様 ビジネスの作り方を時系列でまとめてあって、大変参考になりました。
中野様 ビジネスとしてのブログを書く上での心構えがとても参考になり、勉強になりました。
井上様 非常にわかりやすく少しずつステップを踏んでの内容で、とても分かりやすかった。


→受け取った人達の感想が読みたい方はここからどうぞ

\期間限定!2万文字の副業・独立・起業の電子書籍教材プレゼント中!/
↓ 無料受け取りはコチラ ↓

これまでに1492人がチェックしてます

もしあなたが自分で自由に稼げるようになり、人生の主導権を握ろうと考えているなら、それはもう「ビジネスの作り方」を覚えるしかない。

しかし、面倒だからと言ってそこから逃げていてはずっと搾取される側になってしまう。

起業したら、ビジネスを自分でやったら、豊かになれると思ったら大間違いだ。

起業しようが、自分で事業をやろうが、「ビジネスを作り出せる能力」が無ければ同じこと。

下請けから脱却できず、銀行や元請けに依存し、目の前の売上に追われ、気付いたらぐるぐる同じことをやっている。

代理店のような仕事を続け、作る側に利益を搾り取られ、人生やビジネスの楽しさを忘れ、疲弊しているのを隠して作り笑いでやり過ごす。

そんな事業主や社長は山ほどいるのだ。

あなたが人生の主導権を握り、楽しいことをビジネスにし、利益率を自由に操作し、生きたいように毎日を生きるために、もしたった一つだけ能力が必要だとしたら、それは「ビジネスを作る力」と考えて間違いない。

このメルマガでは、あなたの心から楽しめることを活かし、ゼロから価値を創りだしてお金に変えていく方法を包み隠さず全て公開した。

スキルや能力ではなく、「価値観」を元に作り上げていくノウハウとなっているため、どんな人間でも事業・起業・開業・独立に取り組めるようになっている。

正直ハードな内容だと思うが、しっかり取り組めば必ず、あなただけのオンリーワンのビジネスが完成するはずだ。

是非、楽しみながら取り組んでもらいたい。

※iCloud、au、Docomo、Softbankのアドレスはフィルターで弾かれやすいため、他のメールアドレスがオススメです。

*お名前(姓)
*メールアドレス



メルマガ登録で得られるもの

●自分で好きなだけビジネスを作れるようになる
●好きなことを仕事や稼ぎに変える方法を知ることができる
●ワクワクする未来を描けるように
●やりたかった事が明確に
●リスクゼロで起業する方法が理解できる

など、あなたの今後の未来にとって、必ずお役に立つ内容になっているはずです。

自分にとって必要だと感じた人は、フォームより登録してください。

ちなみに本気でビジネスをやろうと思っていない人、冷やかしの人は登録しないでください。佐藤のメルマガを読みたいだけの方は大歓迎です。競合の登録も大歓迎です。

>>メルマガにアドレスと名前で無料登録する
→受け取った人達の感想が読みたい方はここからどうぞ

無料の資料ダウンロードはこちらから

>>コンセプトがヒットする法則を無料ダウンロード(予約)

>>感動されるストーリーの作り方を無料ダウンロード(予約)

>>集客エンジンの作り方を無料ダウンロード(予約)

>>湧き出すアイデアの作り方のダウンロードを無料ダウンロード(予約)

>>個人起業スタートテキストのダウンロードを無料ダウンロード(予約)
人間的モテ力
佐藤をフォローする
じぶん企画室

コメント

タイトルとURLをコピーしました