仲の悪い職場と仲のいい職場の雰囲気はどちらが理想的か

佐藤
佐藤
こんにちは、佐藤です。「あきんどギルド」という経営者・個人事業主などの自分でビジネスを作りたい人に向けたオンラインサロンを運営したり、売上アップ・顧客獲得ができる「無料メールセミナー」を作ったり、小さな会社を2社経営したりしてます。

仲の良い職場の方が良いとか、仲の悪い職場の方が仕事に真剣だとか議論されてますけど、どっちもちょっと的外れなきがしているので、僕なりに考えを書いてみようと思います。

例えばチームスポーツを想像してみてください。

野球とかサッカーとかなんでもいいです。

これ、ライバルがチーム内にいると全体が伸びたりしますよね。お互いに高め合うアニメとかでありがちな展開ですが。

競争的であることは場合によっては機能する場合もなくはないんですね。ですが、一般論としては競争的であることは良くないであろうって結論に至ってきてます。

それはなぜかをもう少し解説していこうと思います。

利他的な生き物が「コミュニティ」では勝つ
利己的な要素をもつ個体が「競争」では勝つ

使い分けられないといけない。

会社の中では利他が使えた方が良く、対外的には利己を使えた方が良いと言うことです。ですが、これがだんだんごっちゃになってくる訳ですね。

社会と社内の間で重大な矛楯が起きてるんだ、というわけで。

この矛楯を認識することなしにどちらがいいかを決定することはできません。いいたいのは使い分けです。

社内に限っては利他がよい、と。

例えば、甲子園の舞台で「相手の最後の試合だ…どうしよう…」とかを気にしていたら思いっきり勝てなくなりますね。

ただし、コミュニティが競争的であるのは好ましくないんです。

出し抜くことが推奨される状況では、脚を引っ張り合う状態に自然とルールがすり替わってくるからです。

脚を引っ張り合うことが正当化され、チームで勝つことって重大なテーマからチーム内で勝つことに話がすり替わり気味になってしまうと。

チームとしての目的がライバルコミュニティで勝つことが目的なら競争を取り入れてもいいかもしれませんが、ほとんどそういう状況ってのはない気がします。

攻撃って基本的には敵だと認識してる、ある種の先制的な防衛ですから。

でですよ、ピーターティールとかは競争した時点で既に負けてるんだって書いているんですが、競争的なパラダイムでビジネスを捉えて整理するのが今までのメインストリームだったので、パラダイムをシフトすることができないんですね。

じゃあYoutuberで考えてみましょう。

HIKAKINがはじめしゃちょーと競争していますかね。

多分ですけどそうじゃないと思うんです。

むしろ仲良くした方がお互いにメリットがでかいし、紹介やコラボで影響力を分け合えるし、HIKAKINファンは絶対にはじめしゃちょーファンになるわけでも無く、逆も然りだし、両方のファンって人もいるはずなんですね。むしろHIKAKINがはじめしゃちょーをアンチしていたらむしろみっともなくて嫌いになる人の方が多いかもしれませんね。

だからこそ、競争する必要が無い土壌を育てることがすごく大事になってきました。なので、表面的にこっちから勝手に敵を設定すると、一人で空回りして一人でぶっ壊れることになります。

空転した歯車は傷ついて、いつかは破損してしまう。

いや、競争相手は常にいるんですが、事業主や起業家が勝手に設定してはダメなんですよ。

例えば僕はAppleユーザーですが、Windowsと迷ったことはありません。表面的に競合を捉えるとWindowsになるんでしょうが、Windowsではなく、Apple製品を購入することを決定した上で、お金を配分するかを考えることはあります。ちょっと分かりにくいと思うので補足します。

つまり、10万円のソニー製テレビの競合は10万円の電動自転車かもしれないということです。

ソニーのテレビの競合はパナソニックのテレビとは限らない。

Macの競合はWindowsとは限らない。

テレビ局やテレビ番組の競合はテレビ局では無く、本かもしれないし、アロマかもしれないし、、ということです。色々な可能性を考えてくっつけて貰えれば、抽象的な部分で共通点が見えてくるはずです。

「本当の競合」は顧客にしかわからないんです。競争ばっかりしていても仕方がないんです。

この辺りはどうかお忘れ無いように。

LINEではビジネスの裏話や利益についての話なんかをしたり教えてたりしてます。友達追加はこちらから



友だち追加

無料でノウハウと事例とワークを垂れ流しています↓

実際に成功した事例と失敗した事例を比べながら、ワークショップ形式で読み進めるだけであなただけのビジネスを生み出せるようになる、非常に充実したメルマガです。

1900人以上の方に受講いただき、多くの方に実名で大絶賛をいただいています。オンラインビジネスだけでは無く、旅館オーナー、士業、セラピスト、占い師など、リアルビジネスの方にも多数受講していただいています。

新規ビジネスを始めようと考えているあなたに、

無駄な時間とお金を抑えて
怪我のリスクを最小限にして
顧客に支持されるサービスを生み出すための方法

を事例と共にノウハウとワークにまとめました。

新規ビジネスのリリースにおいて「成否を分けるポイント」について、陥りやすい失敗の事例と、それを乗り越えた成功の事例を元に解説しています。

できるだけリスクを抑えて確実にビジネスをスタートさせたいあなたにとって、間違いなく有意義な情報となるでしょう。是非ご活用ください。



*お名前(姓)
*メールアドレス

森田様 納得の考え方とスムーズな説明に軽く感動しています。ありがとうございました。
原様 佐藤さん!すごい!天才肌!!
平田様 わかりやすく実践しやすい!考え方を導いてくれる内容でした。
二宮様 単純明快。もちろんどう実践するかが難しい訳ですが手順はとてもわかりやすいと思いました。
井村様 わかりやすいので友人にもシェアしました。
福井様 自分が今一番欲していた内容をメルマガで教えていただきました。毎日メルマガを楽しみに読んでます。
松浦様 ビジネスの作り方を時系列でまとめてあって、大変参考になりました。
中野様 ビジネスとしてのブログを書く上での心構えがとても参考になり、勉強になりました。
井上様 非常にわかりやすく少しずつステップを踏んでの内容で、とても分かりやすかった。


→受け取った人達の感想が読みたい方はここからどうぞ

\期間限定!2万文字の副業・独立・起業の電子書籍教材プレゼント中!/
↓ 無料受け取りはコチラ ↓

これまでに1492人がチェックしてます

もしあなたが自分で自由に稼げるようになり、人生の主導権を握ろうと考えているなら、それはもう「ビジネスの作り方」を覚えるしかない。

しかし、面倒だからと言ってそこから逃げていてはずっと搾取される側になってしまう。

起業したら、ビジネスを自分でやったら、豊かになれると思ったら大間違いだ。

起業しようが、自分で事業をやろうが、「ビジネスを作り出せる能力」が無ければ同じこと。

下請けから脱却できず、銀行や元請けに依存し、目の前の売上に追われ、気付いたらぐるぐる同じことをやっている。

代理店のような仕事を続け、作る側に利益を搾り取られ、人生やビジネスの楽しさを忘れ、疲弊しているのを隠して作り笑いでやり過ごす。

そんな事業主や社長は山ほどいるのだ。

あなたが人生の主導権を握り、楽しいことをビジネスにし、利益率を自由に操作し、生きたいように毎日を生きるために、もしたった一つだけ能力が必要だとしたら、それは「ビジネスを作る力」と考えて間違いない。

このメルマガでは、あなたの心から楽しめることを活かし、ゼロから価値を創りだしてお金に変えていく方法を包み隠さず全て公開した。

スキルや能力ではなく、「価値観」を元に作り上げていくノウハウとなっているため、どんな人間でも事業・起業・開業・独立に取り組めるようになっている。

正直ハードな内容だと思うが、しっかり取り組めば必ず、あなただけのオンリーワンのビジネスが完成するはずだ。

是非、楽しみながら取り組んでもらいたい。

※iCloud、au、Docomo、Softbankのアドレスはフィルターで弾かれやすいため、他のメールアドレスがオススメです。

*お名前(姓)
*メールアドレス



メルマガ登録で得られるもの

●自分で好きなだけビジネスを作れるようになる
●好きなことを仕事や稼ぎに変える方法を知ることができる
●ワクワクする未来を描けるように
●やりたかった事が明確に
●リスクゼロで起業する方法が理解できる

など、あなたの今後の未来にとって、必ずお役に立つ内容になっているはずです。

自分にとって必要だと感じた人は、フォームより登録してください。

ちなみに本気でビジネスをやろうと思っていない人、冷やかしの人は登録しないでください。佐藤のメルマガを読みたいだけの方は大歓迎です。競合の登録も大歓迎です。

>>メルマガにアドレスと名前で無料登録する
→受け取った人達の感想が読みたい方はここからどうぞ

無料の資料ダウンロードはこちらから

>>コンセプトがヒットする法則を無料ダウンロード(予約)

>>感動されるストーリーの作り方を無料ダウンロード(予約)

>>集客エンジンの作り方を無料ダウンロード(予約)

>>湧き出すアイデアの作り方のダウンロードを無料ダウンロード(予約)

>>個人起業スタートテキストのダウンロードを無料ダウンロード(予約)
コラム
佐藤をフォローする
じぶん企画室

コメント

タイトルとURLをコピーしました