指示待ちはどうして生まれるのか? 結論:上司が悪い

佐藤
佐藤
こんにちは、佐藤です。「あきんどギルド」という経営者・個人事業主などの自分でビジネスを作りたい人に向けたオンラインサロンを運営したり、売上アップ・顧客獲得ができる「無料メールセミナー」を作ったり、小さな会社を2社経営したりしてます。

※2019/6/13 この記事はメモ書きをまとめたものだったので、記事形式に修正しました。

指示と自発性

人は指示ではなくて、他人の頑張ってる姿とか楽しんでる姿影響されるものだと思ってるので、教えるんじゃなく自分が勝手になんか頑張るのが一番効果がある気がする

何かに引き入れたいなら自分が多くの人に伝わる形で楽しんでるだけでいい

教えようとしてることと本人が学びとれることは違う。どんだけ素晴らしいカリキュラムが用意されてても「クソ長い」って思うだけの人もいれば、クソカリキュラムでも「こうするとつまらないのね」「自分が作る側になったらああしよう」と学びとる人もいる

本人が気が付いた経験からしか学べないことはある程度あるということ。

外注しているときに指示待ちについて気が付いたこと

外注するときに気が付いたことがあるんだけど、「こまかい指示」を出すと指示と違うことが間違いになるので指示待ちが増えて、「方向性以外の指示を出さない」と勝手に改善策まで考えてくれる。

まあ結論からいくと、指示待ちに苦労するならあえて指示を出さないのが良いと思う。

「自分の頭で考えろ」って言ってしまうのって、正解がある前提で、すごく害悪な言葉。なので、当然「どう考えるかまで」指示仰ぐ必要がでてくる。だって、正解を探さないと行けないから。

求める正解の水準が高かった場合、「考えて行動したプロセス」「考えて行動した結果」これらは両方間違いとなり、人は考えなくなっていく。板挟みになるから。

考えて行動しろって言葉は予定調和でしかない。

「考えて行動しろ」って言う人が持っている答えは一つしかないか、すごく少なく、狭い。

でも、部下の側が取れる選択肢は無数にある。

つまり、考えて行動しろ!って言ってくる人の下で働くと、ほとんどの答えは間違いになる。「自分の頭で考えろ」と良いながら間違ったら怒鳴りつけるのって、それ自体がパラドックスを起こしている。

あんたの話は聞けば良いの?それとも聞かなければ良いの?というパラドックス。

意識的にせよ、無意識的にせよ、「自分で考える人を育てたいなあ」と、そういった無駄なことを考えているほど指示待ちを育てる。

自分で考える人を本当に育てたいなら、失敗を許容し、上の立場からむやみに口を出さないことに収斂するはず。

そもそも論、「自分で考える人」だなんて他人が言ってること自体がおこがましい。答えなんて違う方が面白い。

他人に完全に同じ答えを求めること。そういうのを無い物ねだりという。

似たような事例を。

「なんで君はそうするのかな~」と文句を言ってしまった場合、明確に「そうするのかな〜」って言ってる側が悪い。同じく「あいつは指示待ちで困るよ」って言ってる側が悪い。

自分で考えろって言われて怒られると「いや、、、じゃあその正解を最初から教えておいてよ」って思うのは当然で、どんどん考えなくなる。

もし、「自分で考える人」を本当に増やしていきたいのなら、「失敗を許容する」しかない。

なぜなら、自分の能力以上の事にチャレンジしようとすると必ず失敗する(確率の差はあれど)からで、失敗を許せない人は、人を育てることは不可能ですから。

「できることしかやらない人」「言われたことしかやらない人」なら集まってくる。

部下が自分の頭で考えたことを賞賛し、チャレンジを勇気づけ、失敗も肯定し、解決策を一緒に考えられるのなら、部下や外注先はどんなことでもチャレンジできるようになるけれど、失敗をひねり潰そうとし、「指示」以外の行動を許容しなければ、行動に責任感を感じなくなり、結果的にバラバラになっていく。

結構な割合で上司の側がテーゼを提示し、それに同意や反抗といったテーゼを提示してくるのが部下だと思う。

無意味に怒れば反抗されるし、温かく接すれば温かく返ってくるし、、、指示を的確に出しすぎたり、無駄に失敗を怒れば指示待ちになる。

LINEではビジネスの裏話や利益についての話なんかをしたり教えてたりしてます。友達追加はこちらから



友だち追加

無料でノウハウと事例とワークを垂れ流しています↓

実際に成功した事例と失敗した事例を比べながら、ワークショップ形式で読み進めるだけであなただけのビジネスを生み出せるようになる、非常に充実したメルマガです。

1900人以上の方に受講いただき、多くの方に実名で大絶賛をいただいています。オンラインビジネスだけでは無く、旅館オーナー、士業、セラピスト、占い師など、リアルビジネスの方にも多数受講していただいています。

新規ビジネスを始めようと考えているあなたに、

無駄な時間とお金を抑えて
怪我のリスクを最小限にして
顧客に支持されるサービスを生み出すための方法

を事例と共にノウハウとワークにまとめました。

新規ビジネスのリリースにおいて「成否を分けるポイント」について、陥りやすい失敗の事例と、それを乗り越えた成功の事例を元に解説しています。

できるだけリスクを抑えて確実にビジネスをスタートさせたいあなたにとって、間違いなく有意義な情報となるでしょう。是非ご活用ください。



*お名前(姓)
*メールアドレス

森田様 納得の考え方とスムーズな説明に軽く感動しています。ありがとうございました。
原様 佐藤さん!すごい!天才肌!!
平田様 わかりやすく実践しやすい!考え方を導いてくれる内容でした。
二宮様 単純明快。もちろんどう実践するかが難しい訳ですが手順はとてもわかりやすいと思いました。
井村様 わかりやすいので友人にもシェアしました。
福井様 自分が今一番欲していた内容をメルマガで教えていただきました。毎日メルマガを楽しみに読んでます。
松浦様 ビジネスの作り方を時系列でまとめてあって、大変参考になりました。
中野様 ビジネスとしてのブログを書く上での心構えがとても参考になり、勉強になりました。
井上様 非常にわかりやすく少しずつステップを踏んでの内容で、とても分かりやすかった。


→受け取った人達の感想が読みたい方はここからどうぞ

\期間限定!2万文字の副業・独立・起業の電子書籍教材プレゼント中!/
↓ 無料受け取りはコチラ ↓

これまでに1492人がチェックしてます

もしあなたが自分で自由に稼げるようになり、人生の主導権を握ろうと考えているなら、それはもう「ビジネスの作り方」を覚えるしかない。

しかし、面倒だからと言ってそこから逃げていてはずっと搾取される側になってしまう。

起業したら、ビジネスを自分でやったら、豊かになれると思ったら大間違いだ。

起業しようが、自分で事業をやろうが、「ビジネスを作り出せる能力」が無ければ同じこと。

下請けから脱却できず、銀行や元請けに依存し、目の前の売上に追われ、気付いたらぐるぐる同じことをやっている。

代理店のような仕事を続け、作る側に利益を搾り取られ、人生やビジネスの楽しさを忘れ、疲弊しているのを隠して作り笑いでやり過ごす。

そんな事業主や社長は山ほどいるのだ。

あなたが人生の主導権を握り、楽しいことをビジネスにし、利益率を自由に操作し、生きたいように毎日を生きるために、もしたった一つだけ能力が必要だとしたら、それは「ビジネスを作る力」と考えて間違いない。

このメルマガでは、あなたの心から楽しめることを活かし、ゼロから価値を創りだしてお金に変えていく方法を包み隠さず全て公開した。

スキルや能力ではなく、「価値観」を元に作り上げていくノウハウとなっているため、どんな人間でも事業・起業・開業・独立に取り組めるようになっている。

正直ハードな内容だと思うが、しっかり取り組めば必ず、あなただけのオンリーワンのビジネスが完成するはずだ。

是非、楽しみながら取り組んでもらいたい。

※iCloud、au、Docomo、Softbankのアドレスはフィルターで弾かれやすいため、他のメールアドレスがオススメです。

*お名前(姓)
*メールアドレス



メルマガ登録で得られるもの

●自分で好きなだけビジネスを作れるようになる
●好きなことを仕事や稼ぎに変える方法を知ることができる
●ワクワクする未来を描けるように
●やりたかった事が明確に
●リスクゼロで起業する方法が理解できる

など、あなたの今後の未来にとって、必ずお役に立つ内容になっているはずです。

自分にとって必要だと感じた人は、フォームより登録してください。

ちなみに本気でビジネスをやろうと思っていない人、冷やかしの人は登録しないでください。佐藤のメルマガを読みたいだけの方は大歓迎です。競合の登録も大歓迎です。

>>メルマガにアドレスと名前で無料登録する
→受け取った人達の感想が読みたい方はここからどうぞ

無料の資料ダウンロードはこちらから

>>コンセプトがヒットする法則を無料ダウンロード(予約)

>>感動されるストーリーの作り方を無料ダウンロード(予約)

>>集客エンジンの作り方を無料ダウンロード(予約)

>>湧き出すアイデアの作り方のダウンロードを無料ダウンロード(予約)

>>個人起業スタートテキストのダウンロードを無料ダウンロード(予約)
新しい稼ぎ方の教科書
佐藤をフォローする
じぶん企画室

コメント

タイトルとURLをコピーしました