ニーズとウォンツ。ビジネスでの違いと具体例。重要視するのはどっちか。

新しい稼ぎ方の教科書
佐藤
佐藤
こんにちは、佐藤です。「あきんどギルド」という経営者・個人事業主などの自分でビジネスを作りたい人に向けたオンラインサロンを運営したり、売上アップ・顧客獲得ができる「無料メールセミナー」を作ったり、小さな会社を2社経営したりしてます。

まず、大前提から説明します。

ニーズ=必要

ウォンツ=欲しい

と理解しておいてください。

ニーズの発生

ニーズと言うよりは時代の動きにそって動くのが一番簡単です。ニーズは多様化しすぎていて追っかけられないからです。細かくなりすぎてるし、全体として世界がどう流れているかがあります。そこに乗っかっていればある程度なにを出してもヒットするので、まずは世界の流れを捉えられるようにして下さい。

新しい技術が普及していったり、環境が変化したりで、勝手に発生していくものです。

なので、そこに対してニーズが先にあるので、供給側が乏しかったり、もしくは最適なものがまだなかったりするところ、つまりニーズがすくいきれていない所に入っていくっていうのがおすすめです。

例えばはんぺんを年300万円買って欲しいって「無理な」「独善的な」ビジネスになりますよね。

ニーズとウォンツの具体例

具体例は「砂漠の水」がニーズ、「水には困ってないけどミネラルウォーターの方が美味しいからそっちがのみたい」って感情はウォンツです。

普通の小さくて汚いディスプレイでも仕事ができるけど、解像度が高くて綺麗な大きいディスプレイで仕事をしたいって思ったらウォンツです。

もっと快適なパソコンに買い換えたくなったらウォンツです。(壊れる寸前で使うこともままならない…とかだったらニーズ)

具体例はいくらでも出てくるので、これを読んでいるあなた自身で考えてみてください。

ニーズとウォンツはどちらが重要なのか

もうちょっと話を深めていきましょう。

ニーズによって購買が起こる時代はほぼ終わってます。なので、ビジネスをするならさらなる飛躍をしたいですよね。で、ニーズに訴えかけるような物はなかなか難しいです。不可能ではないです。でも非常にハードルが高いんですよね。

なぜなら、ほとんど日本は満たされてるからです。月のお小遣い2万で困ってる人も、服は着れる、電車に乗れる、会社に行ける、ご飯が食べれる、家があるわけです。雨風しのげますよね。

つまり、ニーズはほとんど満たされてるんですよ。

ニーズは生きるために必要な物です。

まずはこれを頭にたたき込んでおいてください。

「パンのみにて生きるにあらず」このパンのことをニーズといいます。

「わたしたちはパンだけでなく、バラも求めよう。生きることはバラで飾られねばならない」『暇と退屈の倫理学』

「バラを手渡せば、この手にも香りが残る」中国の諺

興味関心の多様化により、ウォンツの重要性が増している

パンが必要すぎて必死で買う人はいません。パンにしようかご飯にしようかうどんにしようかそれとも外食か、悩める余地がある。そういうもので飛躍一発逆転をねらうのは難しいです。

でも、圧倒的に美味しく雰囲気の良い外食を安く提供できれば人は殺到するでしょう。それはウォンツを満たしているからです。

美味しい物を、安く、素敵な雰囲気の中で食べたいというウォンツ。

興味関心が非常に多様化してる

Aさんは1って物に興味がある

Bさんは2って物に興味がある

Eさんは3に興味がある

これらの重なりに必然性はないですよね。つまり、完全にウォンツの領域なんです。生きていても死なないから。生きていく上では必要が無いけど欲しくてたまらないものばっかりの世の中になってしまった。

昔はニーズとウォンツが半々くらいだと考えられていましたし、そうでした。なぜなら、物質的に満たされていなかったからです。今はウォンツがほとんどを決めているんですね。殆どの物がそもそもなくてもいいもんだからです。

トイレが臭くたって死にません。でも人間は消臭剤を買うんです。

ペンが50円でも困りません。でも人は好きなペンを買うんです。

さて次。

例:紙とペン

極論を言ってしまえば、チラシの裏と拾ったボールペンで良いですよね?

それでも人はかっこよくて高いノートとかかっこよくて高いペンを買う。必要性(ニーズ)はないんです。ほぼウォンツ。極端な話をすれば贅沢品ですよ。何万円もするペンや何千円もするノートが売れるわけですから。

一つの考え方として、税務署がNOっていうものは明らかにウォンツです。10万円とかのペンを100%経費で突っ込まれないかというと微妙ですね。カバンは業務で使えますが、エルメスのバーキンはさすがに経費にならないと思います。それは仕事にいらないからです。

極端な話二宮金次郎みたいに紐で縛って持ち歩いても良いからですね。笑

税務署NOが入るカバンはニーズとはいえないし、納得した物が欲しいとか、それはウォンツの領域です。

つまり現代では

購入をモチベートしていくものはウォンツ
モチベーターとして考えるのはウォンツ

比重を傾けて欲しいんですね、

ウォンツ9割
ニーズは1割

くらいに考えても良いかもしれません。だからニーズなんて補助輪くらいなもので、メインのタイヤとなるニーズを深刻に考える時代は終わったんですよ。

「最近買ったもの」で「買わないと死ぬもの」がどんだけあったの?

物質主義は限界なんです。そして、興味の無いものは存在しない物と同義になってきてしまった。

例えば上手にプラモデルを作る道具はプラモファンだけが必要でしょうし、筋トレグッズや筋トレサプリメントは興味ない人は存在しないのと同然ですよね。

趣味の道具なんて全般がそうです。ほとんど100%ウォンツ。

大企業やデカいビジネスでは捉えきれないニーズやウォンツがある。

大きいビジネスで解決できない問題が沢山ありますね。

ニーズがとにかく多様化してるからです。デカい企業が一つの商品をポーンと出して満足しなくなってる。

大きいビジネスではとらえきれないニーズが増えてます。欲求やニーズやウォンツが常に変化し続けているのに、大企業じゃそれに食らいつけなくなってきているんですね。

ちょっとした余談ですが、

プロと素人の解像度の違いってすごいと思う。それが見えていてあえてやってない場合と本当にできない場合があるけど、7割方見えててやってない。でも素人の側はすべて「できないからやってないのだ!」と思い込む。解像度粗めで分かったようなこと言うなよ、と7割くらいプロの側は思う。

以上余談でした。

最高の商品とウォンツの関係性

最高のポテトチップスが常に売れるわけじゃありません。北海道の何とか牧場で作っている塩味も厚みもスパイスも完璧なポテトチップスがあったとします。

でも、全ての人にとってそのパーフェクト・ポテトチップスが最高って訳じゃないですよね。

ある人にとってはアンパンマンチップスが最高かもしれない。プリキュアチップスかもしれない。妖怪ウォッチや鬼滅チップスかもしれないし、ビーガンチップスが最高かもしれません。

これが大企業じゃウォンツに食らいつけない原因です。何となく理解できましたでしょうか。

ニーズは常に上昇する

人間は3歩くらい先を常に見ていたい生き物なので、一人の人間の問題解決を完全に達成することはありえません。

ちょっと一時的に満たされても常に何かが欲しくなるし、何かがやりたくなる。じゃなきゃビルゲイツや前澤元ZOZO社長はもう仕事しなくてもいいはず。お金は充分持ってるから。

で、仕事より何か上のものにウォンツがすりかわって、仕事が手段になったんです。

こういう観点から考えてみても面白いと思います。

ウォンツは湧かせることができる

興味のなかった人に興味を湧かせることができるように、ウォンツはある程度、こちらで戦略的に作っていくことができるんです。SNSで何かを見つけていきなり欲しくなった経験はありませんか?

サイトのブランドストーリーや開発者のこだわりを読んでもっと欲しくなってしまった経験はありませんか?

インフルエンサーがオススメする雑貨が凄く素敵に見えて、買ってしまったことはありませんか?

Youtuberがオススメしているコンビニ食品を思わず買ってしまった経験はありませんか。

そういうことです。

衝動買いはなぜ起きるのか →「直さなくてもいい」

 

LINEではビジネスの裏話や利益についての話なんかをしたり教えてたりしてます。友達追加はこちらから



友だち追加

無料でノウハウと事例とワークを垂れ流しています↓

実際に成功した事例と失敗した事例を比べながら、ワークショップ形式で読み進めるだけであなただけのビジネスを生み出せるようになる、非常に充実したメルマガです。

1900人以上の方に受講いただき、多くの方に実名で大絶賛をいただいています。オンラインビジネスだけでは無く、旅館オーナー、士業、セラピスト、占い師など、リアルビジネスの方にも多数受講していただいています。

新規ビジネスを始めようと考えているあなたに、

無駄な時間とお金を抑えて
怪我のリスクを最小限にして
顧客に支持されるサービスを生み出すための方法

を事例と共にノウハウとワークにまとめました。

新規ビジネスのリリースにおいて「成否を分けるポイント」について、陥りやすい失敗の事例と、それを乗り越えた成功の事例を元に解説しています。

できるだけリスクを抑えて確実にビジネスをスタートさせたいあなたにとって、間違いなく有意義な情報となるでしょう。是非ご活用ください。



*お名前(姓)
*メールアドレス

森田様 納得の考え方とスムーズな説明に軽く感動しています。ありがとうございました。
原様 佐藤さん!すごい!天才肌!!
平田様 わかりやすく実践しやすい!考え方を導いてくれる内容でした。
二宮様 単純明快。もちろんどう実践するかが難しい訳ですが手順はとてもわかりやすいと思いました。
井村様 わかりやすいので友人にもシェアしました。
福井様 自分が今一番欲していた内容をメルマガで教えていただきました。毎日メルマガを楽しみに読んでます。
松浦様 ビジネスの作り方を時系列でまとめてあって、大変参考になりました。
中野様 ビジネスとしてのブログを書く上での心構えがとても参考になり、勉強になりました。
井上様 非常にわかりやすく少しずつステップを踏んでの内容で、とても分かりやすかった。


→受け取った人達の感想が読みたい方はここからどうぞ

\期間限定!2万文字の副業・独立・起業の電子書籍教材プレゼント中!/
↓ 無料受け取りはコチラ ↓

これまでに1492人がチェックしてます

もしあなたが自分で自由に稼げるようになり、人生の主導権を握ろうと考えているなら、それはもう「ビジネスの作り方」を覚えるしかない。

しかし、面倒だからと言ってそこから逃げていてはずっと搾取される側になってしまう。

起業したら、ビジネスを自分でやったら、豊かになれると思ったら大間違いだ。

起業しようが、自分で事業をやろうが、「ビジネスを作り出せる能力」が無ければ同じこと。

下請けから脱却できず、銀行や元請けに依存し、目の前の売上に追われ、気付いたらぐるぐる同じことをやっている。

代理店のような仕事を続け、作る側に利益を搾り取られ、人生やビジネスの楽しさを忘れ、疲弊しているのを隠して作り笑いでやり過ごす。

そんな事業主や社長は山ほどいるのだ。

あなたが人生の主導権を握り、楽しいことをビジネスにし、利益率を自由に操作し、生きたいように毎日を生きるために、もしたった一つだけ能力が必要だとしたら、それは「ビジネスを作る力」と考えて間違いない。

このメルマガでは、あなたの心から楽しめることを活かし、ゼロから価値を創りだしてお金に変えていく方法を包み隠さず全て公開した。

スキルや能力ではなく、「価値観」を元に作り上げていくノウハウとなっているため、どんな人間でも事業・起業・開業・独立に取り組めるようになっている。

正直ハードな内容だと思うが、しっかり取り組めば必ず、あなただけのオンリーワンのビジネスが完成するはずだ。

是非、楽しみながら取り組んでもらいたい。

※iCloud、au、Docomo、Softbankのアドレスはフィルターで弾かれやすいため、他のメールアドレスがオススメです。

*お名前(姓)
*メールアドレス



メルマガ登録で得られるもの

●自分で好きなだけビジネスを作れるようになる
●好きなことを仕事や稼ぎに変える方法を知ることができる
●ワクワクする未来を描けるように
●やりたかった事が明確に
●リスクゼロで起業する方法が理解できる

など、あなたの今後の未来にとって、必ずお役に立つ内容になっているはずです。

自分にとって必要だと感じた人は、フォームより登録してください。

ちなみに本気でビジネスをやろうと思っていない人、冷やかしの人は登録しないでください。佐藤のメルマガを読みたいだけの方は大歓迎です。競合の登録も大歓迎です。

>>メルマガにアドレスと名前で無料登録する
→受け取った人達の感想が読みたい方はここからどうぞ

無料の資料ダウンロードはこちらから

>>コンセプトがヒットする法則を無料ダウンロード(予約)

>>感動されるストーリーの作り方を無料ダウンロード(予約)

>>集客エンジンの作り方を無料ダウンロード(予約)

>>湧き出すアイデアの作り方のダウンロードを無料ダウンロード(予約)

>>個人起業スタートテキストのダウンロードを無料ダウンロード(予約)
新しい稼ぎ方の教科書
佐藤をフォローする
じぶん企画室

コメント

タイトルとURLをコピーしました