フリーランスハンドブックを無料配布中
あなたオリジナルのビジネスモデルの作り方、フリーランスを目指すために必要な知識、起業や副業で引っかかるポイントを解説しています。
【さらに特典をプレゼント】登録していただいた方限定で、今なら私の運営するオンラインコミュニティに無料ご招待させていただいております。 ワークショップ型式の講座にとりあえず無料登録してみる

フリーランスのセルフブランディング・起業家のブランド作りのコツと注意点

新しい稼ぎ方の教科書
おはようございます。

佐藤です。(Twitter)

フリーランスや起業家のセルフブランディングとは

2つの考え方をご紹介します。

  • 超戦略的にやるか
  • 素を出していくか

ですね。オススメしたいのはできる限り素を出していくこと。自分と離れすぎると継続できなくなってくるので、ある程度近づけることが必要です。

まずは戦略的にやっていきたいか、素を見せる形でやっていきたいかを考えてください。

もちろん、そのままの自分で売り出すなんてことはおこがましく傲慢な話なので、自分を高め続けること・勉強し続けることはどちらであっても必須事項です。

心地よくないものを減らせ

自分にとって心地よくないものを削り取っていく。イメージは彫刻のように削り出すこと。ベタベタくっつけていくんじゃない。

無理してベタベタ自分に鎧をはっ付けていくとどんどん行動が重くなるから。苦しくなる。

何を選ぶより何を選ばないかの方が情報量が多い。なぜなら世の中には選べない物の方が圧倒的に多い。

例えば、境界線を書かなかった画家はダヴィンチだけど、こんな感じでやらなかったことに着目することもできる。

ちなみに、あまり分かっていない人はやらないことをできないことと解釈してマウントを取ったりするかもしれないけど、そういう人はほっとけば良い。なぜなら、その人は批判を自分の仕事だと信じているので、観客席から色々投げつけてくる係。

何かをやらないこととできないことは一緒じゃない。

なりたい姿や自分が理想とする姿を

「あの人に頼んだら間違いない」

「あの人に頼れば大丈夫」

って思われる自分になることが大事。

このためには自分のモチベーションが下がる仕事を無理にやらないこと。仕事を減らす。顧客をゴリゴリ増やさない。

モチベーションが落ちて遅れたり、クオリティが下がったら後の自分にダメージがでかいですから。

ブランディングの関連記事はこちらもどうぞ↓
なぜディズニーランドは多くの人を惹きつけるブランド力を付けられたのか【ブランディングの方法】

モチベーションを下げないためには高単価であることも重要↓
値上げ交渉にフリーランスや個人事業主が悩んだら。客離れなしの方法【企業もOK】

じゃあ具体的にセルフブランディングで何をすれば良いのか

具体的には、

なりたい姿を予め演じておく

ことが重要かなと僕は考えてます。

 

今の自分の延長線上の自分を今の自分が演じておく。伝わりますでしょうか?笑

ある程度自分のキャラクターを踏まえて決定するんです。自分が伴奏者タイプなのにリーダーを演じると苦しくなるし、先生タイプなのに支えることを良しとすると苦しくなる。

例えば、インフルエンサーになりたいのならインフルエンサーを演じる。

俳優になりたいなら俳優になった自分を演じる。

稼げるフリーランスになりたいなら稼げるフリーランスのライフスタイルを演じる。

ちょっと背伸びをすることで、道が開けていく。

 

起業家みたいな行動をしている奴が起業家になっていくんですよ。

今日からお前は起業家だから!よろしく!

と誰かにレッテルや肩書きを貼られて起業家になるわけじゃない。

 

今日からお前はフリーランスね!

と言われてフリーランスをスタートするわけじゃないですよね?

 

この趣味を始めてください!

と言われて趣味を始めるわけじゃありません。何かをはじめるのは自分の「意志」の問題ですよね。

なので、どんな結果にも全て意志が先にあります。そして、ちょっとの背伸びをお忘れ無く。

新卒フリーランスのなり方や考え方、食べていけるのか【ありかなしか・末路と失敗談・経験談】

ビジネスやブランドにストーリー(物語)が重要だと言われる理由

人間は物語で理解するから

人間は物事をストーリーで理解していると言われています。脳は断片的な情報を整理してストーリーにするのが仕事と脳科学では言われていたりします。

1192作ろう鎌倉幕府ってやつですね。

ビジネスのコアと色々な価値や顧客との「関係性」をどういうシチュエーションで見せるのかって考えたときに、物語を語ることが一番簡単なんです。難しいと思われがちですが一番簡単なのが物語ることです。語り部になりましょう。

物語にすると単純に多くの情報量が記憶できるから

つまり、人間の基本的な記憶の方法なので、多くの情報量を受け取って貰えるようになる。あの老舗はOOでつぶれかけたけど、OOで再起して、今はOOでトップらしいよ。と、まとめて情報が入ってくるようになるんですね。

単純にタイムラインに並べて見せられたところで、それを覚えることは大変です。

だからストーリーに乗せることが重要なんですね。ストーリーとビジネスを鎖のようにがんじがらめにしてしまう。

物語単体にも価値があるから

そして、「物語それ自体」にも人間は価値を感じます。でなければ、小説を読みますか?お金を払って映画を観ますか?

つまりそれは、ストーリーを求めているからなんですね。

ストーリーは人生の縮図でもあるので、人間はできるだけ多く取り入れておきたいんです。

例:宝石

例えば結婚指輪やダイヤにも物語がついてる

貴族の証でしたとか、給料の2ヶ月、3ヶ月分ですって言われたり、地中から長い年月をかけて結晶化したとか、こんなカットを頑張りましたとか、「ダイヤです」「とても固い石です」って言っても恐ろしいほど売れないです。

「物語」があればとにかく高く売れる

例:カメラのバッテリー

ただのカメラのバッテリーも

このように物語を与えることができる。物語は立ち現せるものであって、勝手に振ってくるものじゃない。もし物語を生み出せないのならもっと軽やかに視点を移動させてみよう。

ナイキのブランディング

スポーツ選手をかっこよくして、そのスポーツ選手に靴を履かせて、靴をかっこよく見せる。これも一つのストーリー。靴のかっこよさを語ろうとすると小難しくなる。評論文章みたいになっていく。だからストーリーに載せないといけない。

僕はこう思いました!だと読み手の物語が始まりません。そこを相手にいかにバトンを渡していくか。

物語とは描写すること

未来の描写であり、得られる物を描写すること。それを活き活きと関係性を持って描くことが物語。これさえ上手くなればビジネスでは失敗しようがなくなってくる。

商品の価値をAppleのように物語で伝えることができるのか、ただ単に機能の羅列として語るのか。

Appleに大根とかきゅうりとか売ってたら多分そんなに信頼できなくなっていくと思う。それは専門性が薄まったから。絞り込むと先がとがって、人の心にぶっささるものが作れるけど、先を丸めすぎると誰にも刺さらんものが出来上がる。ここで「言葉をきつくすれば刺さるのか!」と勘違いする人がいるけど、それは心には飛んでいかず、相手の足の小指に刺さるような独りよがりなものができてる。それだととがってても届かない。

ビジネスは細部で大きく価値が変わってくる。

例えばホテルも泊まるという機能の部分は同じでも、細かい細かい「細部」がこだわり抜かれていることで、価格は10倍以上に上がる。

細部に力を入れよう。

ものやサービスが売れる根本的な原理原則とブランド力を高めるコツ

花粉症とかダムみたいなもの

ゲージがある

それが限界を超えると買う

よくある例えで水

めちゃくちゃ喉が渇いてくる

まだ買わない

砂漠でもう干からびて死にそうってなったら1万円だったとしても誰でも買う

ブランドイメージ・好意度の方向にもこれはある

そのブランドがめちゃくちゃ好きになる

とにかく好きになる

→買う

一定のゲージを超えないと買わない

なぜなら「お金払って逃げられないかな?」「本当に満足できるのかな?」とかそっちが心配になるから

このゲージを上昇させるために色々なテクニックがある

でも本質は花粉症だと思ってもらっていい

購入タイミング、ブランド=花粉症だとしたら何が大事なのか

大量に好意度を投入すること(1日の花粉の量を増やす)

持続的に好意度を投入すること(花粉の時期を1年にする)

最初から好きになって貰っておく(産まれながらの花粉症にしておくこと)

対策をさせないこと(マスクを取ってもらう)

の4つ

これで整理して貰えればシンプルで分かりやすくなると思うし、実践的だと思う

ブランドの特性と種類について【美学のあるブランディング】

 

何度かブランドについてのお話しをしてきましたが、
もうちょっと踏み込んでお話しを。

強いブランドは大きく分けて2種類に分解することができるような気がします。

 

ちょっと考えてみてください。

※良い面、悪い面から

 

・・・

 

僕が思うに、強いブランドの2種類の性質は

恐怖を与えるブランドと
勇気を与えるブランドです。

例えば、悪徳な宗教みたいなものや、暴力的な支配が前者にあたるでしょうか。

後者は、ブランドのメッセージを受け取るだけで、
「もっとこのブランドにふさわしい人間になりたい」と思えてくるようなもの。

恐らく、両方の事例を見たことがあると思います。

それぞれを、可能性を塞ぐブランド、可能性を拡げるブランドと言っても良いかもしれません。

もちろん、あなたに目指して欲しいのも、後者のような「勇気を与える」存在です。

周囲に勇気を与えるような人間になって欲しいという思いで、
このメルマガを常日頃発信しています。

で、結局の所、「勇気を与えるブランド」は何が違うんでしょうかね?

コアの部分を見つけてみてください。
もう一度シンキングタイム。

 

 

・・・

 

 

・・・

 

美学があるかどうか。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

美学のあるブランドに、人は勇気づけられます。

さて、あなたには、美学を持って本気で伝えたいことがありますか?

美学がないブランドは、「危険思想」や「詐欺」と紙一重なんです。

あなたの好きなブランドには、必ず美学があるはず。

なので、あなたにも美学を持って欲しい。

あなたの提供する商品、サービスにも美学を持って欲しい。

僕はそう願っていますよ。

納得の考え方とスムーズな説明に軽く感動しています。ありがとうございました。
千葉県・小売業・森田様

佐藤さん!すごい!天才肌!!
愛知県・サービス業・原様

わかりやすく実践しやすい!考え方を導いてくれる内容でした。
北海道・建設業・平田様

単純明快。もちろんどう実践するかが難しい訳ですが手順はとてもわかりやすいと思いました。
栃木県・製造関連業・二宮様

わかりやすいので友人にもシェアしました。
栃木県・コーチ・井村様

自分が今一番欲していた内容をメルマガで教えていただきました。毎日メルマガを楽しみに読んでます。
千葉県・小売業・福井様

ビジネスの作り方を時系列でまとめてあって、大変参考になりました。
愛媛県・宿泊関連業・松浦様

ビジネスとしてのブログを書く上での心構えがとても参考になり、勉強になりました。
東京都・士業・中野様

非常にわかりやすく少しずつステップを踏んでの内容で、とても分かりやすかった。
東京都・設計業・井上様



無料でノウハウと事例とワークを垂れ流しています↓

実際に成功した事例と失敗した事例を比べながら、ワークショップ形式で読み進めるだけであなただけのビジネスを生み出せるようになる、非常に充実したメルマガです。

1900人以上の方に受講いただき、多くの方に実名で大絶賛をいただいています。オンラインビジネスだけでは無く、旅館オーナー、士業、セラピスト、占い師など、リアルビジネスの方にも多数受講していただいています。

新規ビジネスを始めようと考えているあなたに、

無駄な時間とお金を抑えて
怪我のリスクを最小限にして
顧客に支持されるサービスを生み出すための方法

を事例と共にノウハウとワークにまとめました。

新規ビジネスのリリースにおいて「成否を分けるポイント」について、陥りやすい失敗の事例と、それを乗り越えた成功の事例を元に解説しています。

できるだけリスクを抑えて確実にビジネスをスタートさせたいあなたにとって、間違いなく有意義な情報となるでしょう。是非ご活用ください。
  •      
    無料登録をしないことを決めた方へ

    試すには一円のリスクもありません。参加の登録を行っていただくだけでいいのです。

    そして、怪しい「この方法をすれば稼げます」「楽をして稼げます」とは一線を画すような、「あなたのオリジナルの新規事業を創る」ためのコンテンツになっています。

    フリーアドレスでの登録が可能ですが、捨てアドレスは辞めてください。「普段使っているアドレスでメルマガを登録し直したいです」という連絡がとても多いからです。

    私が苦労するのは「怪しいのでは無いか」と感じられて、信じてもらえないことです。そして、今までのカラをあなたに破っていただけないことです。

    無料ですし、フリーアドレスで構いませんし、偽名でもいいのですから、もし仮に私が嘘をついていたとしても、あなたにリスクは全くありません。



→受け取った人達の感想が読みたい方はここからどうぞ
新しい稼ぎ方の教科書
佐藤をフォローする
2社経営する都内IT社長のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました