成功しない人の特徴・条件・共通点。なぜノウハウコレクターは結果が出ないか。成功できない原因

佐藤
佐藤
こんにちは、佐藤です。「あきんどギルド」という経営者・個人事業主などの自分でビジネスを作りたい人に向けたオンラインサロンを運営したり、売上アップ・顧客獲得ができる「無料メールセミナー」を作ったり、小さな会社を2社経営したりしてます。

成功しない人は実践と行動が無い

俯瞰しながらゴールから考えて細分化する
細かいステップを積み上げていく

ブレをなくす
無駄をなくす

1ヶ月後に100万円
1週間後にメルマガ2000部
現実感をなくしておくと1年後に1億円が達成できる

根性論じゃなくてシステムとして実践していく

成功しないのは実践しない人
ただがむしゃらにやっても実践はしない
成功するべくして成功しないと

抽象世界にいると楽

現実はぬるま湯じゃ無い

勝手に温度が設定されてたり液体は水じゃ無かったりする

悩んでいる人はどっちかに偏ってる

頭で考えてうんうん言ってるか

現実だけみて考えることへのフィードバックや辞めることができない

嫌なことをやる意味をもう一度考えてみた方が良い

頭で考えていると無限の可能性がある

現実の世界は制約だらけ

これらをできる限り解消していく必要がある

観察する自分と行動する自分がいる

やろうと決めている状態は現実的にはコミットではない
俺は絶対これをやりきるんだっていうのをコミットって読んでるんだけど違うと思う
ああおれはこれが出来てこれが出来ないんだ、じゃあその結果を取りに、拾いに行こうってのをただやるだけ

 

知性

努力

孤独

頭の中に引きこもってないかってこと

現実世界で愛を実現したいのであれば現実のっせかいのルールに従わないといけない

理念上の愛を完璧に定義できたとしても現実正解にはなんの影響もなかった

気持ちはあくまでもきっかけとして重要なのであって、結果として重要なものではない
結果は具体的な行動を積み上げた現実でありつまり論理的なもの

「実際の結果」は起こったことの積み重ねにすぎない そこは論理的

何かを実現するのは僕らの身体と行動

 

情報は生もの

情報は持ってるだけだと食べ物みたいにくさる

生ゴミになる

新鮮なうちに素早くメニュー決めて調理してくわないとだめ

買って腐らせるのが好きな人は一流になれない

人間の理解と実行の多様性

同じ小説を見ても違う感想を抱く

同じ映画を見ても違う場所に着目する

解釈の余地がある

辞書とかはほぼない

六法全書とか解釈の幅ができる限り減らされる

機械のマニュアルとかも解釈の幅が狭く作られている

ビジネスはすごく広い

一つの問題に対して無数の行動を取ることができる

集客に困ったらどういう行動を取るかにあらゆるパターンがある

だから難しい

やってないから実践とノウハウが結合して結晶化しない

 

知識獲得を頑張った人ほど資本が増えていく

かなーり公平なシステム

あくまでも可能性にとどまる

「絶対に」なんて話にはならない

だからこそ経済学者とかきんゆうのせんもんかは大金持ちじゃない

使い方を間違えると知識と資本が結びつかない

余地や遊びがある

勉強しても稼げない=ブラックボックスにハマってる人

日本酒と酵母とノウハウコレクターの関係性

米という素材に媒体がある

素材だけで媒体がないから酒という結果が生まれない

ノウハウコレクターはコメを集めて喜んでいる状態

米コレクターを自称しているなら悪いことじゃない

酒蔵になりたいのに米コレクションして喜んでいるからそれには問題がある

 

時間が足りないとき・実行できないときに考えるべきこと【時間管理術】

この記事では「タスク管理」とかではなく頭の使い方のヒントを書いていこうかなと。結局時間が足りなくなってしまうのって、管理法が悪いのじゃなく根本的な考え方がズレてる場合があるんですよね。

アプリを取り替えるんじゃなくてOSがしっかりしていないとアプリは活かせない。

考えすぎ

考えすぎると行動する時間がなくなります。

歯磨きするかを3時間悩んでいるような状態ですね

一見アホらしいけど難しい問題になるとやりがちなんですよ

未知の問題とか複雑な問題に対してこういうスタンスを取りがち。

ただ悩んでいるのか、考えているのかを分解してみると良いと思う。あまりにも考え方が循環していて同じ場所をぐるぐるしているようなら、考えることを辞めるか「えい!」と一歩を踏み出すことが大事です。

じゃないとぐるぐるがどんどん強化されますから。人間の脳って良く考えていることに最適化されてくるので、仕事について考えている人は家族が疎かになり、どっちも高い水準でと考えていればそうなるものです。

何に集中して頭の考えるという資源を使っているのかを考えてみると良いですね。

優先順位で構成されてる

人生とは優先順位の集合体であり、時間の集合体です。

どんな生き方であれ、必ずそういう時間の使い方を選択してるはずなんです。

ブラック企業ならブラック企業。登山。釣り。独立や開業。読書。食べまくって太る。

 

縛り付けられてムチで叩かれて、そういう時間を使ってる訳じゃないですよね。現代ではあり得ないので。

かならず自分で選択してるんです。

もし仕事が嫌なら、転職って選択肢や辞めるって選択肢や手伝ってもらうって選択肢もあるはず。

で、

何かが上手くいかないときは優先順位がおかしいんです。

人間の構成は優先順位だから。

1 もっとも効果の大きい順番に優先順位を並べているか
2 自分が一番正しいと信じる優先順位を選択できているか
3 解決策や願望は正しいのか

 

この3つをちゃんと見極めましょう。

ちなみに1は頭の問題。2は心の問題です。

前者は自分に問題意識すら感じていない状態。問題を認識してない。

体重が140kgになっているのに気にせず食べてる。

後者は何かをやりたいとき「あっちやった方がいいだろうなあ」と考えていて、それでも心のせいで違う方を選択してしまう状態。

食べない方が良いのにと分かっているけどどうしても食べてしまう。

 

よく話すすることですが、問題は正確に把握できればほとんど解決したも同然なんですよね。

ちょっと余談だけど、多くの場合「問題の認識自体」がずれてるか、「問題の解決策」だと思ってる願望や行動がずれてます。

人間は自己を必ず正当化するから、どうしても自分の内側の目で見ているだけだと問題認識か問題解決の結果がずれる。

問題を正確に把握し、問題を正確に解決する方法を探りましょう。

何かにチャレンジできないときは

「何かができないとき」って出来ないのではなくて、やる気がないわけでもなく、単に100%そのプランを信用していないから本気になってないだけだって事かもしれないと。

つまり投資に見合わない行動は全力でできない。崖に向かって全力で走れる人はそうそういません。

ほとんどのことって、何をしないかの方が大事です。「するべきこと」は無限にあるので「全てやった方がいい」って結論になりがちですが、それをやると高々人間一人の小さな資源は一瞬で飛びます。

そして、あまりにも一気にやろうとして失敗するんです。2年間のチャレンジは2年かけないと取り戻せないので、時間をかけすぎるなってこともポイントですね。

時間が余ってくる世の中になるので、瞬間の価値を上げていこう

頭の使い方を研ぎ澄ませば研ぎ澄ますほど、技術が進化して労働生産性が上がるほど、時間って必然的に余るようになってきます。

やることが減ってくるから。

もちろん、さらに良い物を求めようとして進化に時間を使うのはそうなんですが、普通に暮らしている分にはまず飢えません。それって、社会全体が豊かになってきていて、寛容度が上がってきているからです。

じゃあこれからどうしたら良いのかを僕なりに提起してみるんですが、

「一瞬の価値を上げていくこと」

が凄く大事。

実行しなかったことに公開しても意味がない

何かを新しくスタートしたり、新しいことは「今」始まるので、

「なぜやってこなかったんだろう」は頭の使い方として間違ってます。

問いの意味がないんです。

なので、

そもそも「意味のあることしかやる時間がないんだ」って思うこと

過去を振り返って必死で問いを立てても何も産まないからですね。

分析は不要とまでは言いません。でも、以外と過去に落ちている物って少ない。

無駄な時間なんてあるのか

長々と書いてきましたが、ある程度「相対的な無駄」はあっても、「絶対的な無駄」はないと思うんです。

つまりなんでもやっていいし、後悔したり悩んでいる時間があればとりあえずやってしまう。

それで瞬間の価値を高めていく。経験を増やしていく。

何かに失敗してもああ頑張ったなって思い出が残ればそれでいいじゃないですか。

僕は事業に失敗してもステークスホルダーや、お客さんや、メンバー。良い思い出が残ればそれは良い時間だったなと考えられると信じています。

なので、気軽にやりましょう。

やらないでモヤモヤしてる時間の方がもったいないですよ。

成功したいなら自分をアップデートし、磨き続けろ【自分磨きの方法】

仕事って場面で考えてみてもらえれば、みんながある程度役割を演じているってことは分かると思う。複数の顔である、社会学の分野のペルソナと同じ。

家族に見せる顔と仕事で見せる顔の差があるか。誰しも「いかに俳優業が上手いか」ってことが求められる。

アップデートする方向性として、

だからまずは「面白い」ことが大事。当然、芸人とか落語家みたいな面白さでは無くて持っている物の深さと広さって意味合いのの面白さを考える。

顧客へのペルソナ設定は別でも書いた。

シンプル・簡単なペルソナ設定の方法とコツ

ありのままの自分に価値なんてない

努力して努力してようやく価値が生まれてくるってことです。堕落していたら何も身につかないし、頭一つ抜きん出ることができない。

もちろん、楽に生きることは否定しないけど、このブログを読んでいるくらいならかなり成功したい意欲がある人なんだと思う。

こう見せたいからここを努力する

OOが気に入らないからここを努力する

これを繰り返して「それっぽい自分」に進化していく過程がある。

言いたいのは、ありのままの自分で価値を認めてもらうなんて虫が良すぎるのかもしれないってことです。努力して本質的な価値を高めてからありのままを出す必要があります。

何もしていないことは「ありのまま」ではなくただの堕落だと思うんですよ。

自分のアップデート=何かを付け足すわけじゃない

人って形は同じ。腕が三本に増えたりしない。筋トレしてもそのまま太くなってく。

知識や技能とか職能は見た目には分からない。つまり、中身が刻一刻と別物になってるってこと。人間は刻一刻生まれ変わっている。

自分も他人も、一瞬前とは別人であるという意識を持つこと。

それが無い相手とは歪みがたまっていく。

お前そんなことするやつだったのかよ!

とかは相手のイメージのアップデートが上手くいってない状態

あの時のあいつをいつまでも保持してしまっている状態

目の前にいる相手をちゃんと見ていないし、受け取っていない

親友に目の前で罵倒されても「何でこの人はこういうこと言ってんだろう」という、どこか人ごとで聞いている視点を持つこと

なんかついこないだ買った車が壊れたのかな?とか

離婚を迫られてるのかなあ?とか

家族が病気にかかってしまったんだろうか?とか

あらゆる可能性が考えられるのに、敵対心を持っていて酷いなあみたいな独りよがりな考えを持たないようにすること

関係性を破綻させず、関係を改善させるためにちょっとしたメタ視点が必要になる

なぜだろう、何があったんだろうこの人にという人ごと感を持つこと

喜びもそう

詐欺に引っかかりやすい人は喜びやすい人だし、悲しみやすい人

人を疑うんではなく、フラットに見ろってこと

嘘かも本当かすらどっちでもいいという客観的な視点を持ちながら動く

以前、エセズバズバ系ってテーマでも似たようなことを書いた

ズバズバを正当化する人は、ただ性格が悪いこととかの言い訳になってたり、言葉を選ぶ手間から逃げていたりする

ズバズバ言うんでは無くてズバズバ言っても性格が悪くならないように&面白いことを言えるように書きましょう、と。

言葉を選ばない人は楽をしているだけ

LINEではビジネスの裏話や利益についての話なんかをしたり教えてたりしてます。友達追加はこちらから



友だち追加

無料でノウハウと事例とワークを垂れ流しています↓

実際に成功した事例と失敗した事例を比べながら、ワークショップ形式で読み進めるだけであなただけのビジネスを生み出せるようになる、非常に充実したメルマガです。

1900人以上の方に受講いただき、多くの方に実名で大絶賛をいただいています。オンラインビジネスだけでは無く、旅館オーナー、士業、セラピスト、占い師など、リアルビジネスの方にも多数受講していただいています。

新規ビジネスを始めようと考えているあなたに、

無駄な時間とお金を抑えて
怪我のリスクを最小限にして
顧客に支持されるサービスを生み出すための方法

を事例と共にノウハウとワークにまとめました。

新規ビジネスのリリースにおいて「成否を分けるポイント」について、陥りやすい失敗の事例と、それを乗り越えた成功の事例を元に解説しています。

できるだけリスクを抑えて確実にビジネスをスタートさせたいあなたにとって、間違いなく有意義な情報となるでしょう。是非ご活用ください。



*お名前(姓)
*メールアドレス

森田様 納得の考え方とスムーズな説明に軽く感動しています。ありがとうございました。
原様 佐藤さん!すごい!天才肌!!
平田様 わかりやすく実践しやすい!考え方を導いてくれる内容でした。
二宮様 単純明快。もちろんどう実践するかが難しい訳ですが手順はとてもわかりやすいと思いました。
井村様 わかりやすいので友人にもシェアしました。
福井様 自分が今一番欲していた内容をメルマガで教えていただきました。毎日メルマガを楽しみに読んでます。
松浦様 ビジネスの作り方を時系列でまとめてあって、大変参考になりました。
中野様 ビジネスとしてのブログを書く上での心構えがとても参考になり、勉強になりました。
井上様 非常にわかりやすく少しずつステップを踏んでの内容で、とても分かりやすかった。


→受け取った人達の感想が読みたい方はここからどうぞ

\期間限定!2万文字の副業・独立・起業の電子書籍教材プレゼント中!/
↓ 無料受け取りはコチラ ↓

これまでに1492人がチェックしてます

もしあなたが自分で自由に稼げるようになり、人生の主導権を握ろうと考えているなら、それはもう「ビジネスの作り方」を覚えるしかない。

しかし、面倒だからと言ってそこから逃げていてはずっと搾取される側になってしまう。

起業したら、ビジネスを自分でやったら、豊かになれると思ったら大間違いだ。

起業しようが、自分で事業をやろうが、「ビジネスを作り出せる能力」が無ければ同じこと。

下請けから脱却できず、銀行や元請けに依存し、目の前の売上に追われ、気付いたらぐるぐる同じことをやっている。

代理店のような仕事を続け、作る側に利益を搾り取られ、人生やビジネスの楽しさを忘れ、疲弊しているのを隠して作り笑いでやり過ごす。

そんな事業主や社長は山ほどいるのだ。

あなたが人生の主導権を握り、楽しいことをビジネスにし、利益率を自由に操作し、生きたいように毎日を生きるために、もしたった一つだけ能力が必要だとしたら、それは「ビジネスを作る力」と考えて間違いない。

このメルマガでは、あなたの心から楽しめることを活かし、ゼロから価値を創りだしてお金に変えていく方法を包み隠さず全て公開した。

スキルや能力ではなく、「価値観」を元に作り上げていくノウハウとなっているため、どんな人間でも事業・起業・開業・独立に取り組めるようになっている。

正直ハードな内容だと思うが、しっかり取り組めば必ず、あなただけのオンリーワンのビジネスが完成するはずだ。

是非、楽しみながら取り組んでもらいたい。

※iCloud、au、Docomo、Softbankのアドレスはフィルターで弾かれやすいため、他のメールアドレスがオススメです。

*お名前(姓)
*メールアドレス



メルマガ登録で得られるもの

●自分で好きなだけビジネスを作れるようになる
●好きなことを仕事や稼ぎに変える方法を知ることができる
●ワクワクする未来を描けるように
●やりたかった事が明確に
●リスクゼロで起業する方法が理解できる

など、あなたの今後の未来にとって、必ずお役に立つ内容になっているはずです。

自分にとって必要だと感じた人は、フォームより登録してください。

ちなみに本気でビジネスをやろうと思っていない人、冷やかしの人は登録しないでください。佐藤のメルマガを読みたいだけの方は大歓迎です。競合の登録も大歓迎です。

>>メルマガにアドレスと名前で無料登録する
→受け取った人達の感想が読みたい方はここからどうぞ

無料の資料ダウンロードはこちらから

>>コンセプトがヒットする法則を無料ダウンロード(予約)

>>感動されるストーリーの作り方を無料ダウンロード(予約)

>>集客エンジンの作り方を無料ダウンロード(予約)

>>湧き出すアイデアの作り方のダウンロードを無料ダウンロード(予約)

>>個人起業スタートテキストのダウンロードを無料ダウンロード(予約)
人間的モテ力
佐藤をフォローする
じぶん企画室

コメント

タイトルとURLをコピーしました