フリーランス・独立・起業して売上が不安なら、顧客の数・質・工数・単価、クレーマー、悪い顧客をコントロールしよう

新しい稼ぎ方の教科書
佐藤
佐藤
こんにちは、佐藤です。「あきんどギルド」という経営者・個人事業主などの自分でビジネスを作りたい人に向けたオンラインサロンを運営したり、売上アップ・顧客獲得ができる「無料メールセミナー」を作ったり、小さな会社を2社経営したりしてます。

僕が考えるクレーマー・悪い顧客の対策と、お客さんと部外者の境界線について

まずお話しするのは僕のクレーマー対策について。

文句があるなら使うな

歴史やブランドある企業ではなかなか難しいでしょうが、ベンチャーくらいまでの規模だったら余裕で通るでしょう。で、体力の無いベンチャーだからこそ無茶な顧客を断ることは重要です。

二郎のしきたり厳しい理由も、結果的に常連を快適にしていたりする。

つまり、ある程度顧客を選ぶことで質の良い顧客に「得」をさせることができるんですね。

本来顧客とは対等であるべきですし、僕自身も対等をモットーにしていますが、顧客側にその視点が完全に抜け落ちている場合って、どう努力しても対等になれなかったりします。

その時に余裕があれば理不尽な顧客を断ることができるので。

余裕を付けるためには顧客を選び、常連をVIP待遇すること。なので、理不尽な顧客を断ることから好循環の始まりですよ。

お金を払っていない人間は顧客じゃない

当たり前ですが、お金を払っていない人間は顧客ではありません。部外者です。これを勘違いして世の中全ての人の意見を聞いていたのでは、ビジネスの方向性がブレブレになってしまいます。

お金を払ってくれている顧客の意見なのか
お金を払っていない外野の意見なのか

はすごく重要な観点です。商売なんてものは顧客とサービス提供者によってなされるものであり、「世の中の意見」なんてほぼ関係ないですからね。

※もちろん、意見を表明する資格は当然誰にでもあります。

が、顧客でないのなら、それを全て無視されても何の文句も言えないということです。

一つ無茶な要求を呑むとエスカレートする

悪い顧客の意見、一つでも無茶な要求を受けてしまうと必ずエスカレートします。必ずです。「不合理が合理化される経験」が学習によって強化されるからです。

「駄々をこねる事」がどんどん正当化されていくんですね。で、そういうクレーマーは他でもやってます&今後も継続してクレームを入れてきますので、追い返すのが一番。

「文句があるなら他にどうぞ」が言えれば問題ないんですが、まあそうとも言えない場合が多いでしょう。そういう場合、差分を返金して取引中断してしまっても良いと思いますね。

良い顧客と付き合わないとどんどんビジネスの体力が削られます。良い顧客によって付けた体力を悪い顧客によって吸い取られる。こんなことがあってはダメです。

まともな経営層の皆さん、社員を苦しめないために悪い顧客はたたき出しましょう。笑

「悪い顧客」には十分に気をつけて、今後も良質な顧客と付き合ってください。

独立・起業したらクライアント・顧客の数・質・工数・単価のコントロールが大事。本日はこのテーマについてお話ししていきます。

顧客の数

顧客の数。もちろん単価と連動します。顧客の数を多くして単価を下げてリスクヘッジをするのか、顧客の数を少なくしてコミュニケーションコストを削減するのか。

やりたいクライアントの選び方やあなたにあったクライアントの数があるはずなので、ある程度バランスが取れる範囲で「好み」で決めましょう。

ただーし!

顧客の数をコントロールするためには実力が必要です。

なので、まずは真っ当な実力を手に入れましょう。笑

顧客の質

顧客の質を上げる。クレーマー気質なお客さんがちゃんと断れるかどうか。

ビジネスを始める前はなかなか実感が湧かないかもしれませんが、顧客の質には天か地か程の差があります。これ、びっくりするほど違うので注意。

純粋なファンになってくれるお客さんと、依存体質&クレーマー気質なお客さんの2つのパターン。

もちろんこれも、自分が欲しい以上の見込み客を集めることが重要になってきますよね。

50人のお客さんと付き合いたい場合、それ以上のお客さんからの問い合わせがある状態が必要。

つまり、50人と付き合いたいのに40人からしか問い合わせが無い状態だと、当然お客さんが選べない。

50人と付き合いたい状態で100人から問い合わせがあるのであれば、半分を断ることができますね。

条件って意味でもそうですし、こちらをどう見てくれているのかって面でもそう。

 

お客さんを選ぶことの出来る状態に近づけていくほど

ビジネス全体に安定感が出ます。

 

良いお客さんと付き合うことができれば、ビジネスに余裕が出てきて、出てきた余裕はお客さんへの価値還元や集客に力を入れることができ、好循環が回る。

悪質なお客さんと付き合うと、工数がそこに割かれてしまい、価値還元が出来なくなり、集客の時間が足りなくなっていく。

 

集客は力の源です。集客にはしっかり力を入れましょう。

 

ビジネスは

1・良い物を作る

2・それを広める

の段階がありますが、それぞれ全く別の能力が必要になるんです。

 

「良い物を作れば無条件で広まる」なんて嘘ですし、1ができれば2もできると考えている人もかなーり多い。全く異種のスキルなので、出来る限り勉強することをすすめます。

工数

「ビジネスモデル」とか「提供するサービス」に応じて変わりますね。

ダウンロード商品を一つ提供するのか、既存商品を一つ発送するのか、オーダーメイド商品を一つ提供するのかでかなりビジネス全体の工数が変わります。

ビジネスの工数を減らすこと、経済合理性を上げていくことを徐々に進めていきましょう。

 

僕は「イノベーション」って工数を爆発的に減らすことだと考えています。

【仕事で成長したい人へ】自分に制約をかけると最速で成長できる

※以前、成長って視点でお話ししましたが、「制約」をかけることで自動的に工数の最適化がすすみます。

単価

高単価少数なのか
低単価多数なのか

のお話しは冒頭でしました。

が、

最良なのは「高単価多数」ですよね。

どうやったら高単価で大勢に届けられるか

の視点を常に持っておくこと。
サービス改善の凄く良いヒントになります。

高単価多数に売るためには当然工数の最適化が必須なんですよね。

ものすごーくヘビーな労働集約型モデルでは高単価多数モデルはしんどくなってくる。

そもそも、労働集約では多数に売ることが大変ですから。

 

仕事の価格って作業時間に対してではなく、払う側がどれくらい時間かかるかで考える。iPhoneを10分で製造してようとも僕らが10万円以上出すのは、自分で開発しようと思ったら10年かかっても無理だから。逆に言うとこの差を使って仕事ができるし、相手ができることを無理に提供するとめちゃ単価下がる。

高単価商品と低単価商品のどっちから売るのがおすすめか

魅力を付けたあとに高単価化していく流れがおすすめです。例えば僕が100万のコンサルを作ったとすると、めちゃくちゃターゲットを絞りこまないといけないから相当狭くなるんですね。

広く浅くやってくると、色々な人と接点が持てる。

フォーカス・絞り込み・エッセンシャル思考の問題点と注意点

どんどん活動の幅が広がっていきやすいので、紹介効果だったり、全然思ってもいないところでブランドが作れたりとか。例えば、サロン会員の中からマンツーでコンサルやったりした方が絶対効率良いんです。

あとクロージング・営業が上手くないと売れない。だから、再現性がクロージング力や人間の魅力によってだいぶ変わってしまう。

3千円とか5千円で100人で、毎月継続して、解約率が低い状態まで持っていけば、ある程度の金額にはなりますから。

フリーランスは仕事を減らせ・仕事を選べ

モチベーション高く丁寧に仕事できないことをするな

モチベーションが上がらない仕事をすると後に響く。丁寧に仕事ができない仕事をすると後でしんどくなる。

仕事を減らして単価を上げていく

高単価化するとコミュニケーションコストが下がるんです

高単価化すると一人一人の重要性が上がります。一人50万とか売り上げる場合一人を大事にしないことの損失が大きいです。

すげえ作品には必ずそぎ落とすプロセスがありそう。本2億ページの小説とかあったらめちゃくちゃ内容が薄まりそうだし、休符が全くない音楽とかがあったら聞いてて疲れそう。そぎ落とすことで引き立つんだと思うし、僕が書いて反応あったなって文章は必ず書きすぎたものをそぎ落としてる。煮詰まって濃度アップする

最低でも労働集約ではないモデルを一つビジネスに組み込んでおくことをおすすめしています。

新卒フリーランスのなり方や考え方、食べていけるのか【ありかなしか・末路と失敗談・経験談】

 

↓メルマガにも登録して下さいね

LINEではビジネスの裏話や利益についての話なんかをしたり教えてたりしてます。友達追加はこちらから



友だち追加

無料でノウハウと事例とワークを垂れ流しています↓

実際に成功した事例と失敗した事例を比べながら、ワークショップ形式で読み進めるだけであなただけのビジネスを生み出せるようになる、非常に充実したメルマガです。

1900人以上の方に受講いただき、多くの方に実名で大絶賛をいただいています。オンラインビジネスだけでは無く、旅館オーナー、士業、セラピスト、占い師など、リアルビジネスの方にも多数受講していただいています。

新規ビジネスを始めようと考えているあなたに、

無駄な時間とお金を抑えて
怪我のリスクを最小限にして
顧客に支持されるサービスを生み出すための方法

を事例と共にノウハウとワークにまとめました。

新規ビジネスのリリースにおいて「成否を分けるポイント」について、陥りやすい失敗の事例と、それを乗り越えた成功の事例を元に解説しています。

できるだけリスクを抑えて確実にビジネスをスタートさせたいあなたにとって、間違いなく有意義な情報となるでしょう。是非ご活用ください。



*お名前(姓)
*メールアドレス

森田様 納得の考え方とスムーズな説明に軽く感動しています。ありがとうございました。
原様 佐藤さん!すごい!天才肌!!
平田様 わかりやすく実践しやすい!考え方を導いてくれる内容でした。
二宮様 単純明快。もちろんどう実践するかが難しい訳ですが手順はとてもわかりやすいと思いました。
井村様 わかりやすいので友人にもシェアしました。
福井様 自分が今一番欲していた内容をメルマガで教えていただきました。毎日メルマガを楽しみに読んでます。
松浦様 ビジネスの作り方を時系列でまとめてあって、大変参考になりました。
中野様 ビジネスとしてのブログを書く上での心構えがとても参考になり、勉強になりました。
井上様 非常にわかりやすく少しずつステップを踏んでの内容で、とても分かりやすかった。


→受け取った人達の感想が読みたい方はここからどうぞ

\期間限定!2万文字の副業・独立・起業の電子書籍教材プレゼント中!/
↓ 無料受け取りはコチラ ↓

これまでに1492人がチェックしてます

もしあなたが自分で自由に稼げるようになり、人生の主導権を握ろうと考えているなら、それはもう「ビジネスの作り方」を覚えるしかない。

しかし、面倒だからと言ってそこから逃げていてはずっと搾取される側になってしまう。

起業したら、ビジネスを自分でやったら、豊かになれると思ったら大間違いだ。

起業しようが、自分で事業をやろうが、「ビジネスを作り出せる能力」が無ければ同じこと。

下請けから脱却できず、銀行や元請けに依存し、目の前の売上に追われ、気付いたらぐるぐる同じことをやっている。

代理店のような仕事を続け、作る側に利益を搾り取られ、人生やビジネスの楽しさを忘れ、疲弊しているのを隠して作り笑いでやり過ごす。

そんな事業主や社長は山ほどいるのだ。

あなたが人生の主導権を握り、楽しいことをビジネスにし、利益率を自由に操作し、生きたいように毎日を生きるために、もしたった一つだけ能力が必要だとしたら、それは「ビジネスを作る力」と考えて間違いない。

このメルマガでは、あなたの心から楽しめることを活かし、ゼロから価値を創りだしてお金に変えていく方法を包み隠さず全て公開した。

スキルや能力ではなく、「価値観」を元に作り上げていくノウハウとなっているため、どんな人間でも事業・起業・開業・独立に取り組めるようになっている。

正直ハードな内容だと思うが、しっかり取り組めば必ず、あなただけのオンリーワンのビジネスが完成するはずだ。

是非、楽しみながら取り組んでもらいたい。

※iCloud、au、Docomo、Softbankのアドレスはフィルターで弾かれやすいため、他のメールアドレスがオススメです。

*お名前(姓)
*メールアドレス



メルマガ登録で得られるもの

●自分で好きなだけビジネスを作れるようになる
●好きなことを仕事や稼ぎに変える方法を知ることができる
●ワクワクする未来を描けるように
●やりたかった事が明確に
●リスクゼロで起業する方法が理解できる

など、あなたの今後の未来にとって、必ずお役に立つ内容になっているはずです。

自分にとって必要だと感じた人は、フォームより登録してください。

ちなみに本気でビジネスをやろうと思っていない人、冷やかしの人は登録しないでください。佐藤のメルマガを読みたいだけの方は大歓迎です。競合の登録も大歓迎です。

>>メルマガにアドレスと名前で無料登録する
→受け取った人達の感想が読みたい方はここからどうぞ

無料の資料ダウンロードはこちらから

>>コンセプトがヒットする法則を無料ダウンロード(予約)

>>感動されるストーリーの作り方を無料ダウンロード(予約)

>>集客エンジンの作り方を無料ダウンロード(予約)

>>湧き出すアイデアの作り方のダウンロードを無料ダウンロード(予約)

>>個人起業スタートテキストのダウンロードを無料ダウンロード(予約)
新しい稼ぎ方の教科書
佐藤をフォローする
じぶん企画室

コメント

タイトルとURLをコピーしました