フリーランスハンドブックを無料配布中
あなたオリジナルのビジネスモデルの作り方、フリーランスを目指すために必要な知識、起業や副業で引っかかるポイントを解説しています。
【さらに特典をプレゼント】登録していただいた方限定で、今なら私の運営するオンラインコミュニティに無料ご招待させていただいております。 ワークショップ型式の講座にとりあえず無料登録してみる

【せどり・物販・転売は稼げない】一物一価の法則。情報価値は下がり、個性の価値は上がる。

新しい稼ぎ方の教科書
おはようございます。

佐藤です。(Twitter)

どうも、2社経営しながらコンサルしてます。佐藤です。

転売・物販ビジネスは危険

僕は転売・物販は基本おすすめしていません。

なぜか。

テクノロジーの進化に伴って、どんどん価格格差は小さくなっていくからです。

 

例えを出しながら簡単に説明すると、

 

経済学には一物一価の法則ってのがあって、

同じ情報を知るだけならNAVERまとめでもWikiでも良いわけです。

情報は複製可能なのでどんどん価値が下がっていきます。(同じ価値の財の場合)

 

同じ材ならどこで手に入れても構わない

情報は知ったらそこで終わり

なんですね。

 

水道水1Lはどこから手に入れても良いですよね?

(水道水とミネラルウォーターは、同じ価値の財ではないので注意)

 

「一つの物」はテクノロジーの進化によってどんどん楽に届くようになる。

例えば離島まで宅配するのがもの凄くお金がかかっていた
→宅配便によって価格が近づいたなどなど。

隣町まで水を汲みに行っていた
→水道が引かれたことですぐに水が使えるようになったなどなど。

同じ財の価格は一つに収斂していくんです。

 

なので、物販とかはどんどん難しくなっていきます。

どんどん同じ価格に収斂するし、固有の付加価値が全く載ってないから。

 

一人の人間・哲学のあるショップブランド力を付けて、その人・ショップのおすすめならまた話は変わってきます。

ここで言ってる「危険な物販・転売」は単純な「ツールを使った転売・物販」とかです。つまり、人間的価値が載ってないもの。

じゃあ何の価値が上がるのか。「今後どうなっていくか」を説明しましょう。

 

転売は稼げない事例

クライアントからの連絡です↓

アマゾンビジネスの講座は「チェンジミー」です。

4け月コースで「必ず月10万達成させます!」という触れ込みでインフォトップを媒介して宣伝しているUKANO家計クリニックがとりまとめしている会社のものです。

「パソコン初めての人でもプチサクっと設定簡単」
「手厚いサポート」
「場合によっては強制的に月10万達成させます」
「受講生のほぼ全員が目標達成」
「講師の田村の独自メソッド」などなど

釣り文句にほだされて参入したものの。。。

実際には最初の設定で新規参入者は多くが二か月ほど足踏み状態を余儀なくされ、チャットでの先輩受講生が後輩のサポートをやらされ、強制的な10万達成は昔はやってましたが今はしてませんとスルーし、受講生のほぼ全員が目標達成なんてのもウソで、独自メソッドとかいう転売ビジネスの方法は、Amazonそのものが出版している書籍にまるまま書いてある始末。

チャットに講師の田村さんの元愛人とか言う人がなだれ込んできてかき乱すし、それで40万円はサギだ!と中途退会する人もいました。

私も退会できればよかったのですが、収入面で後がなかったので、何とか後輩受講生にアドバイスしつつ月十万達成しました。

でもアマゾンでではないです。ヤフオクで自分ちで育てていた熱帯果樹の苗を売って得た収入です。

よくよく考えてみれば、転売は価格差を狙って利益を戴くって方法論ですがネット環境が整ってきた昨今、価格差のある商品などほとんどないのですよ。

商品探しに躍起になって毎日長時間商品の物色にパソコンとにらめっこ。つまり、一時のように転売が儲かる時代ではなくなってきているという事かなと思っています。

今はその「チェンジミー」の講師はUKANO家計のクリニックから独立して先日ヤフーのHPで宣伝出していました。やっぱり同じうたい文句で。

多くの人に引っ掛からないように警告してあげたいところです。

こんな感じ。実例と経験からも転売やせどりや物販ってリスキーだし稼げないんですよね。

個性・人間性・感情の価値は上がる

インフォメーションの価値が下がるので、

その分、

人間に価値を感じてもらうこと

が必要になってきます。

「個性」って代替が効かないので、インフォメーションの価値が下がっていく分、個性は相対的に価値が上がりますよね。

その他にも「情動」「感情」みたいなものもそう。

メディアをするならできるだけ、「個性」を乗せましょう。

でも役に立たないと生き残れないのでは?

「日記ブログとかはどうなんでしょうか?」と、よく質問を受けます。

多分、日記とメッセージを勘違いしています。

日記とメッセージは違います。

 

Youtubeで流行しているVlog、あれにはメッセージがあるんですね。

「メッセージ性」が乗っているから伝わるんですよ。

 

もっとおしゃれに生きよう、

もっと筋トレしよう、

もっと楽に生きよう、

もっと海外に出よう

 

載せる媒体が日記であれ、なんでもいいんです。

そこに「生き方へのメッセージ性」があればいい。

日記とメッセージ性は分けて考えましょう。

 

「日記」と「メッセージ性」を混同しないようにして下さいねー。

 

最後にざっくりまとめ

話が長くなってきたのでざっくりまとめます。

・今後生き残りたいなら感情・個性・情動みたいなものをコンテンツに乗っけてください

・メッセージ性と日記を勘違いしないように

 

PS.あきんどギルドのメンバーへ

オンラインサロンに特典追加することにしました。

セールスレターの書き方

&

売り方について

以上2つのテキストです。

 

セールスレターを極めれば、商品の魅力を丁寧かつ的確に伝えることができるので売上に困らなくなりますし、売り方を鍛えれば商品を売る都度、クライアントに小さな感動を与えることができるんです。

参加していただいた方に、2つの特典です。

どんどん充実させていきますので、今後ともお楽しみに。

↓ギルドの詳細と予約

あきんどギルド案内ページ

 

↓メルマガへの登録もお願いします。

納得の考え方とスムーズな説明に軽く感動しています。ありがとうございました。
千葉県・小売業・森田様

佐藤さん!すごい!天才肌!!
愛知県・サービス業・原様

わかりやすく実践しやすい!考え方を導いてくれる内容でした。
北海道・建設業・平田様

単純明快。もちろんどう実践するかが難しい訳ですが手順はとてもわかりやすいと思いました。
栃木県・製造関連業・二宮様

わかりやすいので友人にもシェアしました。
栃木県・コーチ・井村様

自分が今一番欲していた内容をメルマガで教えていただきました。毎日メルマガを楽しみに読んでます。
千葉県・小売業・福井様

ビジネスの作り方を時系列でまとめてあって、大変参考になりました。
愛媛県・宿泊関連業・松浦様

ビジネスとしてのブログを書く上での心構えがとても参考になり、勉強になりました。
東京都・士業・中野様

非常にわかりやすく少しずつステップを踏んでの内容で、とても分かりやすかった。
東京都・設計業・井上様



無料でノウハウと事例とワークを垂れ流しています↓

実際に成功した事例と失敗した事例を比べながら、ワークショップ形式で読み進めるだけであなただけのビジネスを生み出せるようになる、非常に充実したメルマガです。

1900人以上の方に受講いただき、多くの方に実名で大絶賛をいただいています。オンラインビジネスだけでは無く、旅館オーナー、士業、セラピスト、占い師など、リアルビジネスの方にも多数受講していただいています。

新規ビジネスを始めようと考えているあなたに、

無駄な時間とお金を抑えて
怪我のリスクを最小限にして
顧客に支持されるサービスを生み出すための方法

を事例と共にノウハウとワークにまとめました。

新規ビジネスのリリースにおいて「成否を分けるポイント」について、陥りやすい失敗の事例と、それを乗り越えた成功の事例を元に解説しています。

できるだけリスクを抑えて確実にビジネスをスタートさせたいあなたにとって、間違いなく有意義な情報となるでしょう。是非ご活用ください。
  •      
    無料登録をしないことを決めた方へ

    試すには一円のリスクもありません。参加の登録を行っていただくだけでいいのです。

    そして、怪しい「この方法をすれば稼げます」「楽をして稼げます」とは一線を画すような、「あなたのオリジナルの新規事業を創る」ためのコンテンツになっています。

    フリーアドレスでの登録が可能ですが、捨てアドレスは辞めてください。「普段使っているアドレスでメルマガを登録し直したいです」という連絡がとても多いからです。

    私が苦労するのは「怪しいのでは無いか」と感じられて、信じてもらえないことです。そして、今までのカラをあなたに破っていただけないことです。

    無料ですし、フリーアドレスで構いませんし、偽名でもいいのですから、もし仮に私が嘘をついていたとしても、あなたにリスクは全くありません。



→受け取った人達の感想が読みたい方はここからどうぞ
新しい稼ぎ方の教科書
佐藤をフォローする
2社経営する都内IT社長のブログ

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました